大航海時代の背景

ヨーロッパ世界の拡大
スポンサーリンク

大航海時代とは?

15世紀末から16世紀初めにかけて、
インドや新大陸へ向けた航路が開拓された時代のことです。

スペイン・ポルトガル両国王が中心となりました。

大航海時代の背景

経済的動機

アジアの産物・胡椒などの香辛料をオスマン帝国を介さずに、
直接手に入れようとしたことがはじまりです。

莫大な利益を目論みました。

オスマン帝国はヨーロッパ・インド間で、
東西貿易路を抑えていました。

 

スペインやポルトガルはそこを通らないルートを探していました。

技術的動機

イスラーム世界を通じて伝わった羅針盤の実用化や、
造船技術の発達など、東方世界との交流は航海術の発展を促しました。

地理的動機

ルネサンスの学術は地理学上の知識も授けました。

  • プトレマイオスの地理書の紹介
  • 天文学の知識
  • 大洋の航海に必要な測緯儀(そくいぎ)
  • 地球球体説を唱えたトスカネリの地図

など

宗教的動機

キリスト世界はイスラーム世界と対立し、

アフリカにあるとされた
聖ヨハネのキリスト教国と連絡をとろうとして、
アフリカ西海岸の探検を始めたことや

キリスト教布教もヨーロッパ人の海外進出の動機の1つでした。

歴史的動機

スペイン・ポルトガル両国王は、
イスラーム世界と戦いながら版図を広げた歴史がありました。

そうしたなかで国作りをしてきました。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。