世界史

スポンサーリンク
第一次世界大戦とロシア革命

イギリスの戦時秘密三枚舌外交とその矛盾

イギリスは戦後の同盟国側の領土・植民地の配分を 中立国を味方に引き入れるために、 秘密条約を結んでいます。 今回は、 イギリスの三枚舌外交と、 それがきっかけで引き起こした 現在のパレスチナ問題について ざっくりとご紹介し...
第一次世界大戦とロシア革命

第一次世界大戦における総力戦体制と挙国一致内閣

新兵器の導入 第一次世界大戦の初期には、参戦各国ともに、 陸海軍に150機~200機程度の航空機・飛行船部隊を持っていましたが、 航空機・飛行船の任務はほとんど偵察にありました。 イープルの戦い(毒ガス初使用) ドイツ軍は膠着した...
ヨーロッパ世界の形成と発展

ローマ=カトリック教会の発展と権威と教会の腐敗と堕落

ローマ=カトリック教会 封建社会ができたことにより、 ローマ=カトリック教会はしだいに、 修道士たちの心の拠り所として、 権威を高めていきました。 聖会諸侯 国王や諸侯からも土地の寄進を受けて、 政治的にも世俗諸侯(非聖会の諸...
スポンサーリンク
ヨーロッパ世界の拡大

大航海時代の背景

大航海時代とは? 15世紀末から16世紀初めにかけて、 インドや新大陸へ向けた航路が開拓された時代のことです。 スペイン・ポルトガル両国王が中心となりました。 大航海時代の背景 経済的動機 アジアの産物・胡椒などの香...
明・清代の中国と近隣国

明朝時代の農業の発達~湖広熟すれば天下足る~

佃戸制の継続 長江下流域の豊かな穀倉地帯の経済力を背景に 洪武帝は全国統一を成し遂げました。 洪武帝は当初、 元末の混乱で荒廃した土地の私有を認めたり、 労働人口が不足している土地に農民を移住させたりして、 耕地の拡大と農業...
明・清代の中国と近隣国

北虜南倭による明朝の衰退

北からはモンゴル系の部族・オイラトやタタールに苦しめられ、 南からは倭寇(わこう)によって南部の沿岸を襲われた大変な被害を総称したもの
第一次世界大戦とロシア革命

ドイツのシュリーフェンプラン(シュリーフェン作戦)とその破綻

シュリーフェンプランとは? 中欧に位置するドイツはロシアとフランスという東西の両強国に挟まれるという構図にありました。 そこで、ロシアとフランスの2正面作戦に備えて作られた計画です。 1906年まで参謀総長の地位にあったシュリーフ...
第一次世界大戦とロシア革命

サライェヴォ事件で第一次世界大戦が勃発

サライェヴォ事件 1914年6月28日、 オーストリア皇位継承者フランツ・フェルディナント大公夫妻が、 オーストリアに併合されたボスニア州での軍事演習視察に来ていました。 視察はセルビアの急進的民族主義者を刺激することをかねてよ...
第一次世界大戦とロシア革命

バルカン半島の危機~2度に渡るバルカン戦争とヨーロッパの火薬庫~

オーストリアのボスニア・ヘルツェゴヴィナ併合 民族対立 オーストリア=ハンガリー帝国は 領国内のスラヴ系諸民族にパン=スラヴ主義の浸透を恐れ、 バルカン半島への勢力拡大を狙っていました。 ドイツのゲルマン民族によるバルカンへの...
フランス革命とナポレオン

フランス革命のまとめ

革命前 ルイ14世、ルイ15世のもと、対外遠征やヴェルサイユ宮殿造営などで、 莫大な財政支出を行いました。 また、ルイ16世はアメリカ独立戦争への支援し、 財政難に陥りました。 アンシャン・レジームへの批判 特権階級...
スポンサーリンク