世界史

スポンサーリンク
フランス革命とナポレオン

フランス革命④ヴァレンヌ逃亡事件の理由とピルニッツ宣言

前回、ヴェルサイユ行進で、国王一家をパリに連れ帰りましたが、 今回は、また、逃亡する国王一家をまた、パリに連れ帰りました。 ヴァレンヌ逃亡事件 ヴァレンヌ逃亡事件の理由→ミラボーの死去 1791年宮廷と議会の朝廷に活躍してい...
フランス革命とナポレオン

フランス革命③ヴェルサイユ行進と国民議会の諸改革

前回、フランス革命②で人権宣言について扱いました。 今回は、いよいよ国王を連行します。 ヴェルサイユ行進 ヴェルサイユ行進とは? パンなどの物価の高騰に苦しんだ主婦たち7千人が、 ルイ16世と女王マリ・アントワ...
ヨーロッパ世界の形成と発展

西ヨーロッパ封建社会の荘園制~農奴の賦役と貢納と十分の一税~

西ヨーロッパにおける「荘園」とは? 西ヨーロッパにおいては、 12~13世紀頃に都市と商業が成長するまでは、 ほぼ自給自足の農業生活を送ってすごしていました。 その農業社会を支えていたのが、 荘園(しょうえん/villa,ma...
スポンサーリンク
フランス革命とナポレオン

フランス革命②~ラ=ファイエットら起草の人権宣言~

1789年8月26日、 国民議会は自由主義的貴族のラ=ファイエット(La Fayette/1757~1834)らが起草した 17条からなる「人権宣言」を採択します。 人権宣言 正式には「人間と市民の権利の宣言」と...
帝国主義と列強の展開

フランスの植民地一覧

ビスマルクの巧妙な外交戦略により、 ヨーロッパで孤立してしまったフランスは、 植民地拡大政策をうってでたと前回お伝えしました。 そこで、今回はフランスが支配した植民地を一覧形式でまとめています。 本記事では、第二...
帝国主義と列強の展開

フランスの帝国主義政策と2つの事件~ブーランジェ事件・ドレフュス事件~

フランスでは、重化学工業の発達が遅れ、 国内での有利な投資先が少なかったために、 金融業と海外投資を中心に銀行の資本力を武器とした帝国主義政策がとられました。 第三共和政のフランス 1875年、第三共和政憲法が成立します。 そ...
帝国主義と列強の展開

イギリスの植民地一覧

イギリスは人類誕生から21世紀現在に至るまでに大きな繁栄を手に入れ、「太陽の沈まない国」として20世紀前半は覇権を握りました。功罪あるなかイギリスが支配した地域を一覧形式でまとめました。 アジア イエメン イスラエ...
フランス革命とナポレオン

フランス革命①はじまり~バスティーユ事件と大恐怖~

前回 において、フランス革命の原因と背景についてお伝えしました。 今回は、いよいよフランス革命の本丸についてお伝えします。 バスティーユ牢獄襲撃事件 バスティーユ牢獄とは? 14世紀に建てられた城塞です。 ...
ヨーロッパ世界の形成と発展

中世ヨーロッパにおいての封建制(封建社会)の成立

ヨーロッパ中世は通常、 封建社会や封建制(feudalism/ヒューダリズム)の時代と言われます。 封建制とは、古代中国の周王朝に由来する言葉ですが、 ヨーロッパの封建制とは異なります。 では、ヨーロッパの封建制とは一体...
明・清代の中国と近隣国

永楽帝の治世と明の隆盛と南海諸国遠征

永楽帝の内政 宦官の復権 永楽帝は宦官を重く用いました。 内閣大学士 永楽帝は政治の最高機関として新たに内閣を設置しました。 その内閣に内閣大学士(ないかくだいがくし)という皇帝の顧問を 最重要の政務に参加させました。 洪武帝...
スポンサーリンク