古代中国文明

スポンサーリンク
NO IMAGE 古代中国文明

漢代の文化

儒学儒教の国教化訓詁学の発達・・・馬融や鄭玄(じょうげん)が大成。焚書で失われた古書の復元や五経(詩経・書経・易経・礼記・春秋)や字句の注釈に力を注ぎ、教義の発展はしなかった。 歴史書史記(司馬遷)・・・前漢の武帝の時代に編んだ紀伝体の13...
NO IMAGE 古代中国文明

後漢

光武帝の時代 後漢の建国 漢一族で武帝の弟のしそんである劉秀(りゅうしゅう)が赤眉の乱(せきびのらん)を平定し、 25年後漢(こうかん)を成立させた。漢帝国の復活である。 光武帝(こうぶてい)は200年の安定の基礎を築いた。 戦乱で荒廃した...
NO IMAGE 古代中国文明

前漢の滅亡と新

宦官と外戚による腐敗政治 武帝の死後、後宮に仕えた去勢された男子である宦官(かんがん)と、皇后や妃の親族である、外戚(がいせき)が権力を握り、皇帝の権力は弱体化し、宮廷内は混乱。 また、重税から逃げ出した人の所有していた土地を買い占...
スポンサーリンク
NO IMAGE 古代中国文明

武帝の政治

武帝の内政政策 推恩の令 第7代武帝(位141~87)は諸侯に対して推恩の令(すいおんのれい)を発布して,その勢力を弱めた。 内容 推恩の令とは嫡子のみの相続から子弟すべてに領地を分け与えるおう命じたもの。 その結果、諸侯の土...
古代中国文明

前漢初期の政治~劉邦から呉楚七国の乱~

都・長安 皇帝となった高祖・劉邦(りゅうほう)は都を長安に定めた。 渭水盆地の農業力 交配の四川盆地の豊かさ 水運の便 防衛に有利 などが長安を都に定めた理由です。 新都では、 未央宮(びおうきゅ...
NO IMAGE 古代中国文明

漢の誕生

秦末動乱の中で、最後まで残ったのは沛県(江蘇省)の農民出身の劉邦と楚の貴族出身の項羽である。 劉邦は度量が広く、人材活用が上手なのに対し、項羽は自身の武勇は優れていたが、狭量で激情家で秦郡20万人を生き埋めにするなど残忍なところもあった。 ...
古代中国文明

秦の中国統一と政治と秦の滅亡

秦王の政のとき、法家の李斯を起用し、前221年中国を統一。 「王」にかえて「皇帝」(煌々たる上帝、光り輝く絶対神)の称号を創始。 すなわち秦の始皇帝である。 都は引き続き咸陽(かんよう) 内政 中央官制では丞相(じょう...
NO IMAGE 古代中国文明

古代中国思想史③と文学

名家・・・名(言葉)と実(実体)との間に不一致はあってはいけないとする説公孫竜の白馬は馬にあらず(白馬非馬論)馬と白馬は同じものではないから白馬は馬ではないする詭弁。 兵家・・・兵法を論じ、兵法書を書いた。代表孫武・孫臏(そんぴん)・呉起 ...
NO IMAGE 古代中国文明

古代中国思想史②道家・法家

道家(どうか)…老荘思想と呼ばれる、すべての根源である「道」の合一化を求める思想。 ①老子 道家の祖。孔子の説く、仁や礼は人為的なものだとし、自然との調和をとく無為自然が道家の特徴である。 楚の人。姓は李。名は耳(じ)と言われるが伝説的な要...
NO IMAGE 古代中国文明

古代中国思想史①儒家・墨家

諸子百家とは 戦国時代(中国)に輩出した多数の思想家や諸学派の総称である。 中国思想の諸源泉となった。 儒家…開祖孔子 ①孔子 家族中心の愛であり、究極の目標である仁と 社会全般の規範である礼を説いた。 また理想の政治は徳(人格の高さ)によ...
スポンサーリンク