ヨーロッパ世界の形成と発展

スポンサーリンク
ヨーロッパ世界の形成と発展

西ヨーロッパ封建社会の荘園制~農奴の賦役と貢納と十分の一税~

西ヨーロッパにおける「荘園」とは? 西ヨーロッパにおいては、 12~13世紀頃に都市と商業が成長するまでは、 ほぼ自給自足の農業生活を送ってすごしていました。 その農業社会を支えていたのが、 荘園(しょうえん/villa,ma...
ヨーロッパ世界の形成と発展

中世ヨーロッパにおいての封建制(封建社会)の成立

ヨーロッパ中世は通常、 封建社会や封建制(feudalism/ヒューダリズム)の時代と言われます。 封建制とは、古代中国の周王朝に由来する言葉ですが、 ヨーロッパの封建制とは異なります。 では、ヨーロッパの封建制とは一体...
NO IMAGE ヨーロッパ世界の形成と発展

ノルマン人の移動

北海の海賊・ヴァイキングとして知られるノルマン人を今回書いておきます。 ノルマン人とは何者? ノルマン人はゲルマン人の一派で、スカンディナヴィア半島やユトランド半島に居住していた。ノルマン人はヴァイキングと呼ばれ、9~11世紀にかけてヨ...
ヨーロッパ世界の形成と発展

カール大帝の業績

即位 768年に小ピピンが死ぬと、その子カールとカールマンの兄弟が王国を2分割にして治めていたが、771年のカールマンの死で、カール大帝(カール1世/シャルルマーニュ/Karl I/Carlemagne/在位768~814)が全フランクを...
ヨーロッパ世界の形成と発展

フランク王国の勃興~メロヴィング朝とカロリング朝のはじまり~

メロヴィング朝 クローヴィス王 建国 481年、クローヴィスはフランク人を統一し、メロヴィング朝を開いた。 ガリア地方征服 486年、パリ地方のローマ人統治領(シアグリウスの国)を征服し、アレマン人・ブルグント人・西ゴート...
NO IMAGE ヨーロッパ世界の形成と発展

ゲルマン民族の王国

西ゴート王国とフランク王国は別記事参照。 東ゴート王国 フン人征服時代 過去記事参照。 英雄テオドリック大王の時代 人質時代 わずか7歳で、東ローマ帝国の人質としてコンスタンティノープルのゼノン皇帝のもとに送られて宮廷で育った。ラテン語やギ...
ヨーロッパ世界の形成と発展

西ゴート王国とアッティラの王国

ゲルマン諸族の侵入 西ゴート人がローマ帝国へ侵入した後、西ゴート人への対処だけで精一杯となったローマ帝国の警備が薄くなった北辺にヴァンダル族やスエヴィ族、アレマン族が406年12月31日、氷結したライン川を渡りガリア全域を混沌に陥れた。ロ...
NO IMAGE ヨーロッパ世界の形成と発展

ゲルマン人の大移動の始まり

ゲルマン人とは 起源 ゲルマン人はバルト海沿岸やユトランド半島の森林や沼沢地(しょうたくち)に住んでいたインド=ヨーロッパ語族の民族。現在のヨーロッパの人種の大多数を占める。 西ヨーロッパにかけて暮らしていたケルト人をゲルマン人が進撃し、...
NO IMAGE ヨーロッパ世界の形成と発展

【ハンガリー】フン族のリーダー、アッティラの墓発見

ブダペスト|ハンガリー国会議事堂でのドナウ川に新しい橋の基盤を構築する建設労働者は、壮大な5世紀の墓を 発掘してきた。記念碑の分析は、それが最も可能性が高いという王アッティラ自身の、偉大なフン族のリーダーの 埋葬室であることを明らかにした...
スポンサーリンク