古代オリエント世界

スポンサーリンク
NO IMAGE 歴史ニュース

イスラム国、アッシリアの紀元前700年頃のニネヴェの図書館破壊

参考内部リンク アッシリア ツイートの画像 イスラム国によって紀元前700年まで逆上ることのできるニネヴェの古代の壁が今さっき破壊された。 一言 「なにやってんだ」まず、そう思い、日本のどの建造物よりも価値があるような素晴...
NO IMAGE 古代オリエント世界

ササン朝

ササン朝はアルデシール1世がパルティアを倒して、クテシフォンを都においた王朝。 アルデシール1世 アケメネス朝ペルシア下のペルシア帝国の復活を目指し、イラン民族の伝統宗教であるゾロアスター教を国教に定めた。国家の統一と中央集権国家の確立を目...
NO IMAGE 古代オリエント世界

パルティア

セレウコス朝シリアの建国 前323年のアレクサンドロス大王死後、イランはセレウコス朝シリアの支配下になる。セレウコス朝シリアはバクトリアからアナトリアやシリアを領域。都市化政策を推進し、ギリシア系民族が移住。 バクトリア 建国 前255年 ...
NO IMAGE 古代オリエント世界

アケメネス朝

4王国分立時代を統一したのはインド=ヨーロッパ語族のイラン系ペルシア人が建てたアケメネス朝である。ペルシアの名前はイラン高原南西部の地名による。 メディアに支配されていたが、アケメネス家(犬派)のキュロス2世がメディア王国を倒して独立。前5...
古代オリエント世界

アッシリア

アッシリアの名前の由来 セム系のアッシリアはティグリス川上流にあった最初の首都であるアッシュルまたは同名の天神アッシュルに由来する。 アッシリアのオリエント統一 アッシリア人は500m台の山に住んでいたため、下流域のような穀物栽培は不...
NO IMAGE 古代オリエント世界

セム系諸民族②~ヘブライ人~

ヘブライ人の祖先はユーフラテス川上流あたりで遊牧生活を送っていたが、 前1500年頃、パレスチナ地方に移住し、一部はヒクソスと一緒にエジプトに入ったと考えられる。 ヒクソス撃退後の新王国の圧政に耐えかね、 前13世紀にモーセに率いられエジプ...
NO IMAGE 古代オリエント世界

セム系諸民族①~アムル人とフェニキア人~

前2千年紀の前半 セム系カナーン人がエジプトの象形文字を元にアルファベットの原形を考えた。 前1200年前後の海の民(ペリシテ人など諸民族の総称)の襲来で、 ヒッタイト、エジプトの衰退、クレタ・ミケーネの崩壊がおこった。 ↓ セム系の3民族...
古代オリエント世界

エジプト統一王国の形成と展開とエジプトの文化

エジプトのナイル川の氾濫で灌漑され農地の生産力は高かった。 ナイル川は各地を結ぶ交通路の役割。 「エジプトはナイルのたまもの」 ギリシアの歴史家ヘロドトスの言葉。 ここでは早くからエジプト語系民族の多くの民族が 国家統一以前に...
NO IMAGE 古代オリエント世界

メソポタミア

メソポタミアとは メソポタミアとは北のティグリス川と南のユーフラテス川の間の地域。 メソポタミアでは灌漑、排水施設を整備し、この川の水を利用すれば、豊かな農業生産が可能であった。 そして人口が増加し神殿を中心とした村落が成立し、銅・青銅器も...
スポンサーリンク