欧米における近代社会の成長

スポンサーリンク
フランス革命とナポレオン

フランス革命②~ラ=ファイエットら起草の人権宣言~

1789年8月26日、 国民議会は自由主義的貴族のラ=ファイエット(La Fayette/1757~1834)らが起草した 17条からなる「人権宣言」を採択します。 人権宣言 正式には「人間と市民の権利の宣言」と...
フランス革命とナポレオン

フランス革命①はじまり~バスティーユ事件と大恐怖~

前回 において、フランス革命の原因と背景についてお伝えしました。 今回は、いよいよフランス革命の本丸についてお伝えします。 バスティーユ牢獄襲撃事件 バスティーユ牢獄とは? 14世紀に建てられた城塞です。 ...
アメリカ独立革命

アメリカ独立戦争の開始と独立宣言

アメリカ独立戦争のはじまり レキシントン・コンコードの戦い 1775年4月、レキシントンの戦いで、イギリス正規軍と植民との民兵(ミニットマン)が衝突し、独立戦争が始まった。 戦いに備えた植民地人がコンコードに武器や弾薬をを集めてい...
アメリカ独立革命

七年戦争後の植民地アメリカと本国イギリスの対立

七年戦争のイギリスの勝利 戦争の契機 カナダからミシシッピ川流域にかけて、まるで、イギリスの西への進出を妨げるかのように植民地が形成されていた。イギリスにとってはフランスの植民地は邪魔で仕方なかった。 イギリスの勝利 ...
アメリカ独立革命

13のイギリス植民地~植民地時代のアメリカ~

1607年、ジェームズ1世から特許状を得たロンドン会社がヴァージニア植民地を建設します。イギリスの植民地事業は国王から特許状を得た会社や個人領主が進めていったのです。
産業革命

都市化の進展と労働者階級~労働・社会問題~

労働者階級の成立 地方都市の発展 産業革命はイギリスでは、製鉄業の中心として発展したイングランド中部のバーミンガムや、イングランド中西部の木綿工業で発展したマンチェスターや奴隷貿易で発展した港町・リヴァプールなど、さまざまな都市を劇的に...
産業革命

機械化と工場制度

紡織機の発明 飛び杼 1733年、ジョン・ケイが飛び杼(とびひ)を発明する。飛ぶように早く作られることから名付けられた。横糸をまいた杼が上下にわかれた縦糸のあいだを往復し糸を織る装置。ジョン・ケイは失職に怯える手織織布工に機械を破壊され...
NO IMAGE フランス革命とナポレオン

フランス革命とその原因と背景

フランス革命の原因 フランス財政の赤字 度重なる外征 七年戦争参戦やアメリカ独立戦争への参戦で、 軍事費がどんどん膨らんでいきます。 その結果、フランス財政収支は悪くなっていきましたね。 アメリカ独立戦争の援助には20億...
世界史

産業革命①~何故イギリスで?~

産業革命とは 18世紀後半にイギリスで起こったもの。経済活動に機械や動力が導入。それにより、工場制機械工業が展開。その結果、社会や経済に大変革が起こった。これを産業革命と後世の歴史家は呼んだ。 なぜ、イギリスで発生したのか? 資本...
スポンサーリンク