欧米における近代国民国家の発展

スポンサーリンク
ウィーン体制

ラテンアメリカの独立とモンロー教書

トランプ大統領が誕生してしまいました。 メキシコにトランプ・ウォールがそびえたち、 アメリカ側から見た小さな巨人に侵入を防げるのでしょうか? さて、世界はどうなってしまうのでしょう?? そこで今回は、メキシコを始めとする...
アメリカ合衆国の発展

南北戦争後の黒人の生活

白人と黒人の法的平等化 以下の憲法修正により、法的な平等が実現する。しかし、南部での黒人差別は残ったままである。差別の解消は1960年代のジョンソン大統領まで待たねばならない。 奴隷制度の廃止 1865年、憲法修正第13条で奴隷制度は...
アメリカ合衆国の発展

南北戦争②~リンカン当選から終戦まで~

アメリカのオバマの次の候補者が2名に絞られましたね…。どちらが当選しても日本への悪影響は甚大だと思われます。無策では我が国は混沌と化すでしょう。また、トランプが当選した場合は、日米同盟だけではなく、NATOにも目を向けねばなりません。NAT...
アメリカ合衆国の発展

南北戦争①開戦の背景~経済と奴隷をめぐり戦うまで~

2016年1月現在、アメリカ合衆国は大統領選挙が粛々と準備されつつありますが、共和党は過激な差別発言で知られるトランプ氏が有利に立っています。しかし、奴隷解放を主張したのは一体どこの党だったのでしょうか? 合衆国内の南北経済的利害対立 ...
アメリカ合衆国の発展

ゴールドラッシュと西部開拓とその清濁と

日本にペリーを差し向ける中、アメリカ国内ではこのような状態だった。下記はアメリカの民主主義と経済の発展にとって重要なものとなった。 ジャクソニアン=デモクラシー 西部出身の第7代大統領・ジャクソン(Andrew Jackson/...
アメリカ合衆国の発展

米英戦争~アメリカ合衆国の発展~

ペリー来航より少し前のお話。今の強いアメリカになってしまわれたのはここらの時代の苦労と強さが源じゃないかなーとか思いつつ綴ります。 米英戦争 戦前状況 アメリカ合衆国は政治的には独立に成功したが、経済的には工業があまり発達しなかった。 そ...
ウィーン体制

ギリシア独立戦争~甘やかされた支援とウィーン体制の動揺~

16世紀以来、オスマン帝国の領土だったギリシアでしたが、ナショナリズムが高揚して、19世紀はじめに独立運動がおこりました。そこへロシア・イギリス・フランスが東地中海地域への進出を目論んで独立支援にまわり、ギリシア独立戦争が勃発します。
NO IMAGE ウィーン体制

ウィーン体制の動揺~自由主義・国民主義運動~

2015年現在、少しずつ再び回帰しているのではないか?と個人的に思う自由主義と国民主義。保守が良いとは言っていないし、自由なのも必ずしもいいとも言っていない。本日はこの2つを解説する。 自由主義(リベラリズム)とは? より多くの人々が政治に...
ウィーン体制

ウィーン会議とその体制

ヨーロッパで近頃起こっているギリシア問題や移民問題やパリでのテロ事件。直接的な要因は後々の投稿で書く予定であるが、その前提知識としてウィーン会議は知っておかないと話について来れないので、ウィーン会議を先に解説する。 ウィーン会議 背景 ...
スポンサーリンク