魏晋南北朝

スポンサーリンク
NO IMAGE 魏晋南北朝

道教の成立

秦・漢時代から始まり、魏・晋時代に最も盛んになった、仙人と長生不死の観念が結合した神仙思想は道教の起源をなす思想で、太平道、五斗米道にも影響を与えた。 魏晋南北朝時代に流行した、無為自然を理想の生き方とする老子、莊子が説いた老荘思想が流行っ...
NO IMAGE 魏晋南北朝

仏教の受容

4世紀初めに西域の亀茲国から仏図澄(ぶっとちょう・ブトチンガ)が洛陽に来て、布教を行い仏寺約900所を建立し、門下生は1万人に及んだ。 5世紀初めに父がインド人で亀茲国出身の僧・鳩摩羅什(くまらじゅう・クマーラジーヴァ)が長安に迎えられて、...
NO IMAGE 魏晋南北朝

魏晋南北朝の文化

三国時代の呉~東晋・南朝までの、建業・建康を都とした江南王朝の文化を貴族文化(六朝(りくちょう)文化)という。 貴族の間で、道徳や規範に縛られない趣味の世界が好まれた。文化人の間では、老荘思想の発展である清談が流行。清談家として、世俗を避け...
NO IMAGE 魏晋南北朝

魏晋南北朝の社会~土地制度編~

魏の屯田制 もともとは漢代の国境周辺で行われていた 平時は農民として耕し、戦時は兵士として戦う、兵農一致の制度だった。 これを軍屯という。 魏の曹操はこれとは別に戦乱のため荒れた土地を国有化し、 人民を募集して、耕させて、その収穫...
NO IMAGE 魏晋南北朝

魏晋南北朝の社会~官吏登用編~

官吏登用制度 漢代・・・郷挙里選 郷挙里選は地方の優秀な人物を官吏候補として、任命する制度であったが、 豪族がいろいろな影響力を駆使して、中央に推薦させて豪族が力をもってしまい、 本来とは異なるものになってしまった。 魏以降・・・...
NO IMAGE 魏晋南北朝

南朝

東晋成立後、華北から戦乱を避けるために、漢人の貴族や豪族、農民が移住した。 発展が遅れていた長江の中下流域は、急速に発展した。 東晋はおよそ100年続いたが、末期は政治が乱れ、華北への反攻で戦果をあげた武人出身の劉裕(りゅうゆう)が、南朝最...
魏晋南北朝

北朝~北魏から隋まで~

北魏 太武帝 北魏は5世紀前半に鮮卑の拓跋氏が建てた国。3代太武帝が439年、華北で五胡を統一した。人口の少ない鮮卑は漢人が大多数の人口であるため、漢人の協力は必要不可欠だった。太武帝は寇謙之が確立した道教を漢人の宗教という理由で保...
NO IMAGE 魏晋南北朝

五胡十六国時代

五胡とは?南匈奴の子孫の匈奴、匈奴の別種と言われる羯(けつ)、モンゴル系あるいはトルコ系の鮮卑、チベット系の氐(てい)や羌(ぎょう) の諸民族の総称。 304年の漢(前趙)~439年の北魏の華北統一までの間に漢民族が興した国も含めて、20以...
NO IMAGE 魏晋南北朝

晋(西晋)

魏の帝室は一族間の争いで勢力を失う。かわりに勢力をつけたのは、司馬氏だった。 第3代曹芳(そうほう)の時代になると、司馬懿(しばい)が権力を強め、曹氏一族を追い詰め始める。 第4代曹髦(そうぼう)は司馬懿の子である司馬昭によってとうとう傀儡...
魏晋南北朝

三国時代

後漢末、華北で184年黄巾の乱を契機に,反乱が各地に起こり、 地方の治安は著しく悪化した。このような中で、後漢は豪族に官位を与えて,地方の安定を図ろうとした。 その中の成功者は空華北の魏の基礎を築いた曹操と江南の呉の建国者孫権と...
スポンサーリンク