イスラーム世界

スポンサーリンク
イスラーム帝国の形成と発展と分裂

アイユーブ朝のサラディンと十字軍との戦い

サラディンはファーティマ朝の実権を握ったあと、十字軍侵攻の隙をついてアイユーブ朝を開きます。  サラディンはアッバース朝のカリフの在位とその宗主権を認め、スンナ派の信仰を復活させました。サラディンは今なおイスラーム世界の英雄として尊敬されている。
NO IMAGE イスラーム帝国の形成と発展と分裂

テュルク人(トルコ人)の時代

テュルク人の西方移住 テュルク人(トルコ人)はもともと。モンゴル高原に居たが、テュルク系のウイグルがテュルク系のキルギスに倒され西へと敗走。その後、中央アジアで遊牧生活を送っていたテュルク人は,人口増加のためにまた西方へと移住を開始する。 ...
イスラーム帝国の形成と発展と分裂

シーア派の時代

タラス河畔の戦いで唐が中央アジアから撤退したあと、中央アジアのトルコ系遊牧民がイスラーム帝国へと侵入を繰り返した。 サーマーン朝 建国 アッバース朝はイラン系軍人を総督(アミール)として国境においた。しかし、このイラン系軍人が...
NO IMAGE イスラーム帝国の形成と発展と分裂

ターヒル朝

ターヒル朝の独立 ターヒル朝の建国者であるターヒル。その祖父は、マワーリーの出身で、アッバース朝建国に功績があり、カリフ、マームーンのもとで、軍隊の指揮官を務め、のちにホラーサーンの総督にも任命された。しかし、金曜礼拝で、カリフの名前を読み...
NO IMAGE イスラーム帝国の形成と発展と分裂

後ウマイヤ朝

後ウマイヤ朝の成立 アブド・アッラフマーン1世 750年のアッバース朝の建国後、第10代ウマイヤ朝カリフ・ヒシャームの孫のアブド・アッラフマーン1世はアッバース朝によるウマイヤ家の王族が殺害されていたが、それを逃れて名前を変えてパレスチナ→...
イスラーム帝国の形成と発展と分裂

イスラーム帝国の成立と繁栄

"イスラーム帝国"の成立 アッバース革命 750年、ムハンマドの親戚の子孫である アブー=アルアッバースが イラン北東部のホラーサーンを拠点に、 シーア派の反ウマイヤ運動や マワーリー(アラブ人以外のムスリム)の協力を得て、 ...
イスラーム帝国の形成と発展と分裂

イスラーム世界の成立

正統カリフ時代 正統カリフとは ムハンマドが亡くなると、選挙によってムハンマドの義父、アブー・バクルがカリフ(後継者)に選ばれた。以後4代に渡って、イスラーム教徒の選挙で選ばれたため、正統なカリフと呼ばれた。 聖戦(ジ・ハード) イ...
イスラーム帝国の形成と発展と分裂

イスラーム教の成立

この記事は工事中です。だである調とですます調が混ざっています。 大変読みにくいですが、ご了承ください。 イスラーム教の成立の背景 セム系アラブ人がアラビア半島において、 小規模農業やキャラバン隊を組んで商業活動を行っていました。...
スポンサーリンク