世界史

スポンサーリンク
古代オリエント世界

アケメネス朝

4王国分立時代を統一したのはインド=ヨーロッパ語族のイラン系ペルシア人が建てたアケメネス朝である。ペルシアの名前はイラン高原南西部の地名による。 メディアに支配されていたが、アケメネス家(犬派)のキュロス2世がメディア王国を倒して独立。前5...
古代オリエント世界

アッシリア

アッシリアの名前の由来 セム系のアッシリアはティグリス川上流にあった最初の首都であるアッシュルまたは同名の天神アッシュルに由来する。 アッシリアのオリエント統一 アッシリア人は500m台の山に住んでいたため、下流域のような穀物栽培は不...
古代オリエント世界

セム系諸民族②~ヘブライ人~

ヘブライ人 ヘブライ人の祖先 ヘブライ人の祖先はユーフラテス川上流あたりで遊牧生活を送っていたが、前1500年頃、パレスチナ地方に移住し、一部はヒクソスと一緒にエジプトに入ったと考えられる。 出エジプト ヒクソス撃退後の新王国の圧政...
古代オリエント世界

セム系諸民族①~アムル人とフェニキア人~

前2千年紀の前半 セム系カナーン人がエジプトの象形文字を元にアルファベットの原形を考えた。 前1200年前後の海の民(ペリシテ人など諸民族の総称)の襲来で、 ヒッタイト、エジプトの衰退、クレタ・ミケーネの崩壊がおこった。 ↓ セム系の3民族...
古代オリエント世界

エジプト統一王国の形成と展開とエジプトの文化

エジプトのナイル川の氾濫で灌漑され農地の生産力は高かった。 ナイル川は各地を結ぶ交通路の役割。 「エジプトはナイルのたまもの」 ギリシアの歴史家ヘロドトスの言葉。 ここでは早くからエジプト語系民族の多くの民族が 国家統一以前に...
古代オリエント世界

メソポタミア

メソポタミアとは メソポタミアとは 北のティグリス川と 南のユーフラテス川の間の地域。 メソポタミアでは灌漑、排水施設を整備し、 この川の水を利用すれば、 豊かな農業生産が可能であった。 そして人口が増加し神殿を中心と...
先史

「狩猟の終わりと農耕の始まり」文化的な生活の幕開け

氷河期の終わり 1万年前、更新世が終わり、 地球は温暖になり、 完新世(沖積世)になりました。 更新世や完新世 更新世と完新世は地質区分上の区分です。 歴史の区分の古代や中世と同じものと考えてください。 マンモスなどの...
先史

先史時代 新人の誕生まで

先史時代とは 約400万年前には猿人が誕生し、約150万年前には原人、約20万年前には旧人が そして約4万~1万年前にはわれわれと同じ骨格を持つ新人が現れた。 この間を先史時代という。 ※猿人→原人→旧人→新人という風にそのまま進化...
スポンサーリンク