世界史

スポンサーリンク
フランス革命とナポレオン

フランス革命①はじまり~バスティーユ事件と大恐怖~

ルイ16世の側近が国王に強硬な態度を示そうと人気の財務長官ネッケルをクビにし、ヴェルサイユに軍隊を集結させたところ、威嚇されたと感じた市民の騒ぎが過熱したところが原因で起こった事件です。
ヨーロッパ世界の形成と発展

中世ヨーロッパにおいての封建制(封建社会)の成立

ヨーロッパ中世は通常、 封建社会や封建制(feudalism/ヒューダリズム)の時代と言われます。 封建制とは、古代中国の周王朝に由来する言葉ですが、 ヨーロッパの封建制とは異なります。 では、ヨーロッパの封建制とは一体...
明・清代の中国と近隣国

永楽帝の治世と明の隆盛と南海諸国遠征

永楽帝の内政 宦官の復権 永楽帝は宦官を重く用いました。 内閣大学士 永楽帝は政治の最高機関として新たに内閣を設置しました。 その内閣に内閣大学士(ないかくだいがくし)という皇帝の顧問を 最重要の政務に参加させました。 洪武帝...
スポンサーリンク
帝国主義と列強の展開

アイルランド解放運動とイースター蜂起~土地問題を巡って~

クロムウェルの侵略 クロムウェルの侵略以降、 土地の多くがイギリス人地主のものとされました。 アイルランド人は貧しい小作農家となっていました。 カトリック教徒解放法 1829年、カトリック教徒解放法が成立します。 これは...
帝国主義と列強の展開

イギリスの帝国主義の時代~自由貿易の帝国主義・世界の銀行~

19世紀後半のイギリスは自国産業の市場確保を目指して、 世界各地に侵…進出していきました。 自由貿易の帝国主義(非公式の帝国) イギリスが海外進出の際に、 直接、イギリスの政治的・領土的支配下に治めるよりも、 必要に応じて、 強...
世界分割と列強対立

エチオピア戦争とイタリア=トルコ戦争~イタリアのアフリカ適当進出~

イタリアのアフリカ植民地 イタリアは1880年代に、スエズ運河以来、 戦略的重要性が増していたエリトリアとソマリランドを獲得しました。 エチオピア戦争 エリトリアやソマリランドの獲得に乗じて、 その間に位置するエチオピアも征服し、...
世界分割と列強対立

ドイツ植民地帝国とドイツによる二度にわたるモロッコ事件

ドイツはイギリス・フランスの接近に不安を感じていきます。。。 ドイツのアフリカ植民地 1884年に開かれたベルリン会議以降、 カメルーン、東アフリカ(タンガニーカ)、 西南アフリカ(ナミビア)、トーゴランドの 領有権を獲得しました...
世界分割と列強対立

ファショダ事件と英仏協商~英仏間の緊張と友好~

ファショダ事件はアフリカ大陸植民地化を競うイギリスの大陸縦断政策とフランスの大陸横断政策がスーダンのファショダで衝突した事件です。 この事件を契機にいったん英仏関係は緊張が走りますが、やがて接近し、英仏協商が結ばれます。
明・清代の中国と近隣国

建文新政と靖難の変と永楽帝の即位~明朝時代の黒歴史~

建文帝 即位 1398年閏5月、洪武帝が70歳で亡くなります。 次に即位したのは、洪武帝の孫である 建文帝(けんぶんてい/恵帝/けいてい/在位1398年~1402年)です。 建文帝は22歳で新皇帝となりました。...
世界分割と列強対立

イギリスのアフリカ侵略~どんどん食われるアフリカの土地~

19世紀以降、アフリカはどんどん欧米各国に植民地されていきます… イギリスやフランスやポルトガル、ドイツやイタリアなどの各国に分割されていきました。 今回はイギリスのアフリカ侵略についてみていきます。 イギリスの侵略 エジプ...
スポンサーリンク