室町時代

スポンサーリンク
戦国時代

織田信長の尾張統一

浮野の戦い 岩倉城の織田伊勢守家・織田信賢(おだのぶかた)が 美濃国の斎藤義龍と結んで織田信長を攻撃しました。 織田伊勢守家(岩倉織田家) 尾張国上四郡を領する嫡流の守護代家です。 この頃は織田信安の子である 織田信賢と織田信家...
戦国時代

織田信長、謀反を企てた弟・織田信行を殺害

織田信長と織田信行の家督争い 織田信行は織田信長と2歳違いの兄弟です。 織田信長が兄で、織田信行が弟です。 稲生の戦い 1556年8月22日、 織田信行は、 父・織田信秀の宿老である 林秀貞(はやしひでさだ)・柴田勝家(し...
戦国時代

織田信長と生駒家宗の娘・「吉乃」との結婚

織田信長の正妻である 帰蝶(濃姫)との間には子どもがいませんでした。 結婚 吉乃(きつの)は、尾張国小折村(こおりむら/江南市)の 土豪・生駒家宗(いこまいえむね)の娘です。 織田信長は、尾張清須城から近臣十数人を供に、 何...
スポンサーリンク
戦国時代

織田信長の清須城入城~主家・清須織田家の滅亡~

尾張守護・斯波義統の自刃 1554年7月12日、 尾張守護・斯波義統(しばよしむね)に 尾張下四郡の守護代・織田信友(おだのぶとも)と、 その家臣で小守護代・坂井大膳(さかいだいぜん)らが 斯波義統の子・斯波義銀(よしかね)が ...
戦国時代

聖徳寺の会見(織田信長と斎藤道三の同盟確固に)

前回、斎藤道三(さいとうどうさん)の娘 帰蝶(きちょう/濃姫/のうひめ)を 織田信長に嫁がせました。 その織田信長がうつけ者だという噂の 真相を確かめるために、 濃尾国境の中立地帯にある 尾張富田の聖徳寺(しょうとく...
戦国時代

織田信長と斎藤道三の娘・帰蝶(濃姫)の結婚・夫婦に

織田信秀と斎藤道三の講和 加納口の戦い 1547年9月、加納口(かのうぐち/現在の岐阜市)で、 織田信秀と斎藤道三が戦い、 斎藤道三が勝利し、織田信秀は敗退します。 小豆坂の戦い 1548年3月、小豆坂(あずきざか/現在の岡崎市...
戦国時代

織田信長(吉法師)の誕生-2歳で那古野城主に-

尾張での勢力 守護・斯波氏と守護代・織田氏 尾張では、 守護の斯波氏が守護代の織田氏に実権を奪われていました。 織田氏も2家に分かれ、 上4郡を支配する岩倉城の 織田伊勢守家(おだいせのかみけ)と 下4郡を支配する清須城の...
歴史教育

三好元長の死~和泉の一向一揆・足利義維の失脚~

前回のあらすじ 中嶋の戦いの背景  堺公方府の河内国守護・畠山義宣 (はたけやまよしのぶ/義尭(よしあき)、義英(よしひで)の子)と 河内守護代・木沢長政(きざわながまさ) の対立が原因です。 153...
戦国時代

「紀州みかん」の最古の書物

紀州みかんが 最初に文章で登場するのは 内大臣・三条西実隆(さんじょうにし さねたか)が記した、 『実隆公記』が現在確認できる最古の記録です。 明治以降に、 温州みかんが広まるまでは、 「小蜜柑(こみかん)」と呼ばれ、 小...
戦国時代

「和泉に『堺公方府』が成立」 足利義維が阿波から上陸

概要 1527年3月22日に、 阿波国(現在の徳島県)から 三好元長(みよしもとなが)が、 足利義維(あしかがよしつな)と 細川晴元(ほそかわはるもと)を担いで、 8000人の兵を引き連れて 和泉国(いずみのくに・現在の大阪府...
スポンサーリンク