戦国武将

スポンサーリンク
戦国時代

織田信長と生駒家宗の娘・「吉乃」との結婚

織田信長の正妻である 帰蝶(濃姫)との間には子どもがいませんでした。 結婚 吉乃(きつの)は、尾張国小折村(こおりむら/江南市)の 土豪・生駒家宗(いこまいえむね)の娘です。 織田信長は、尾張清須城から近臣十数人を供に、 何...
NO IMAGE 戦国時代

織田信長の清須城入城~主家・清須織田家の滅亡~

尾張守護・斯波義統の自刃 1554年7月12日、 尾張守護・斯波義統(しばよしむね)に 尾張下四郡の守護代・織田信友(おだのぶとも)と、 その家臣で小守護代・坂井大膳(さかいだいぜん)らが 斯波義統の子・斯波義銀(よしかね)が ...
戦国時代

聖徳寺の会見(織田信長と斎藤道三の同盟確固に)

前回、斎藤道三(さいとうどうさん)の娘 帰蝶(きちょう/濃姫/のうひめ)を 織田信長に嫁がせました。 その織田信長がうつけ者だという噂の 真相を確かめるために、 濃尾国境の中立地帯にある 尾張富田の聖徳寺(しょうとく...
戦国時代

織田信長と斎藤道三の娘・帰蝶(濃姫)の結婚・夫婦に

織田信秀と斎藤道三の講和 加納口の戦い 1547年9月、加納口(かのうぐち/現在の岐阜市)で、 織田信秀と斎藤道三が戦い、 斎藤道三が勝利し、織田信秀は敗退します。 小豆坂の戦い 1548年3月、小豆坂(あずきざか/現在の岡崎市...
NO IMAGE 戦国時代

織田信長(吉法師)の誕生-2歳で那古野城主に-

尾張での勢力 守護・斯波氏と守護代・織田氏 尾張では、 守護の斯波氏が守護代の織田氏に実権を奪われていました。 織田氏も2家に分かれ、 上4郡を支配する岩倉城の 織田伊勢守家(おだいせのかみけ)と 下4郡を支配する清須城の...
NO IMAGE 戦国武将

【戦国武将紹介】黒田官兵衛について

 兄に変わって弟が更新します。  今回、黒田官兵衛という武将について紹介します。  黒田官兵衛は1546年、播磨国で黒田職隆の嫡男として産まれました。幼名は万吉で、本名は孝高といい、洗礼名は「ドン・シメオン」とも言います。  竹中半兵衛とと...
スポンサーリンク