昭和時代

スポンサーリンク
昭和時代

庶民首相の田中角栄内閣~日中共同声明・日本列島改造論~

佐藤内閣総辞職 閣僚の放言事件や新防衛力整備計画の予算先取り問題なども発生して、 沖縄返還後、1972年7月に第3次佐藤内閣は総辞職しました。 戦後最長内閣 戦後の首相では、在任期間が現時点では最も長い政権は佐藤栄作内閣です。 7...
経済復興から高度成長へ

佐藤栄作内閣~日韓基本条約と小笠原諸島・沖縄返還協定~

1964年11月、池田勇人首相の病気のために第3次池田内閣は総辞職しました。 これによって、自民党の佐藤栄作(さとうえいさく/1901年~1975年)が内閣を組織しました。 いざなぎ景気 池田内閣の経済矛盾の露呈 池田内閣の...
占領下時代

五大改革指令『経済民主化』~農地改革~

1945年12月9日にGHQによって 農地改革指令が出されました。 五大改革指令のうちの1つ、 「経済民主化」事業の一環で行われました。この「農地改革」により、大規模な農業主である地主は解体され、小作人にも農地が与えらました。反面、これが日本の農業の衰退へのはじまりでしたが、それを知る者は誰も国民にはいませんでした。
スポンサーリンク
NO IMAGE 占領下時代

五大改革指令『経済民主化』

軍国主義の基盤であると考えられたものを 総司令部は 都市においてはあまりに巨大な財閥が怖かったために財閥解体と 農村においては地主の力を恐れて、寄生地主制の廃止、 いわゆる農地改革行いました。 GHQは日本の内...
占領下時代

五大改革指令『女性解放』『婦人解放』

戦後行われた五大改革指令の一環で、 女性参政権が認められるようになります。 法的には男女平等が成立していきます。 しかし、この法改正でも、 性別関わらず国民の意識が変わっていないため、 この法律だけではあま...
占領下時代

五大改革指令『教育の自由化』

このように男女横並びに座ることが できるようになったのも戦後教育からです。 今回は 五大改革のうちの1つ 「教育の自由化」についてお伝えします。 教職追放...
経済復興から高度成長へ

池田勇人内閣での高度経済成長と所得倍増政策~保守政権の安定~

「寛容と忍耐」をスローガンに掲げた池田勇人は、所得倍増計画を打ち立てます。農業基本法制定で地方から労働者をかき集めたり、太平洋ベルト構想などにより、投資が投資を呼び、所得倍増は達成されました。
経済復興から高度成長へ

岸信介内閣の安保条約の改定と安保闘争と

鳩山由紀夫の祖父、鳩山一郎からバトンを譲り受けたのは、 1つ挟んで、安倍晋三の祖父、岸信介でした。 記事を書きながら、歴史は同じではないけれど、繰り返すのだなぁと思いつつ。 安保闘争がメインの話です。 教員の評定や格差拡大は...
NO IMAGE 占領下時代

戦後の諸法律の民主的な改正と制定

日本国憲法制定と前後して、諸法律の民主的な改正や制定が行われます。
占領下時代

日本国憲法の公布と政治

「憲法改正要綱」とGHQの反対 GHQの憲法改正勧告 1945(昭和20)年10月11日に、GHQのマッカーサーは幣原喜重郎に、憲法の自由主義的憲法改正を要請した。 憲法問題調査委員会 これを受けて、13日の閣議で内閣を中心とした憲...
スポンサーリンク