占領下時代

スポンサーリンク
占領下時代

五大改革指令『経済民主化』~農地改革~

1945年12月9日にGHQによって 農地改革指令が出されました。 五大改革指令のうちの1つ、 「経済民主化」事業の一環で行われました。この「農地改革」により、大規模な農業主である地主は解体され、小作人にも農地が与えらました。反面、これが日本の農業の衰退へのはじまりでしたが、それを知る者は誰も国民にはいませんでした。
NO IMAGE 占領下時代

五大改革指令『経済民主化』

軍国主義の基盤であると考えられたものを 総司令部は 都市においてはあまりに巨大な財閥が怖かったために財閥解体と 農村においては地主の力を恐れて、寄生地主制の廃止、 いわゆる農地改革行いました。 GHQは日本の内...
占領下時代

五大改革指令『女性解放』『婦人解放』

戦後行われた五大改革指令の一環で、 女性参政権が認められるようになります。 法的には男女平等が成立していきます。 しかし、この法改正でも、 性別関わらず国民の意識が変わっていないため、 この法律だけではあま...
占領下時代

五大改革指令『教育の自由化』

このように男女横並びに座ることが できるようになったのも戦後教育からです。 今回は 五大改革のうちの1つ 「教育の自由化」についてお伝えします。 教職追放...
NO IMAGE 占領下時代

戦後の諸法律の民主的な改正と制定

日本国憲法制定と前後して、諸法律の民主的な改正や制定が行われます。
占領下時代

日本国憲法の公布と政治

「憲法改正要綱」とGHQの反対 GHQの憲法改正勧告 1945(昭和20)年10月11日に、GHQのマッカーサーは幣原喜重郎に、憲法の自由主義的憲法改正を要請した。 憲法問題調査委員会 これを受けて、13日の閣議で内閣を中心とした憲...
占領下時代

五大改革指令~アメリカとの日本改革~

1945年10月11日に、GHQのマッカーサーは五大改革指令を幣原喜重郎に口頭で伝えます。日本の非軍事化と民主化をすすめるために指令され、全部実現されました。5つの改革とは、女性解放、労働組合の奨励、教育制度改革、圧政撤廃、経済民主化の5つです。これらにより日本は民主国家の道を歩きはじめます。
NO IMAGE 占領下時代

米国の日本占領と改革のはじまり

米国の占領。 アメリカの間接統治のはじまり GHQ 日本はポツダム宣言を受諾し、連合国に降伏。 1945年9月2日の降伏文書調印から、1952年4月8日の講和条約発効までの約7年間、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ-SQAP/Genara...
スポンサーリンク