イスラーム教

スポンサーリンク
イスラーム帝国の形成と発展と分裂

アイユーブ朝のサラディンと十字軍との戦い

サラディンはファーティマ朝の実権を握ったあと、十字軍侵攻の隙をついてアイユーブ朝を開きます。  サラディンはアッバース朝のカリフの在位とその宗主権を認め、スンナ派の信仰を復活させました。サラディンは今なおイスラーム世界の英雄として尊敬されている。
ウィーン体制

ウィーン会議とその体制

ヨーロッパで近頃起こっているギリシア問題や移民問題やパリでのテロ事件。直接的な要因は後々の投稿で書く予定であるが、その前提知識としてウィーン会議は知っておかないと話について来れないので、ウィーン会議を先に解説する。 ウィーン会議 背景 ...
帝国主義と列強の展開

帝国主義の時代~帝国主義の展開~

現代に至る、欧米諸国とイスラーム過激派組織ISISをはじめとするアラブ諸国の対立の根幹はここにあるのではないかと推察するにいたり、ここに書き記す。 帝国主義とは? 資本主義の欧米列強国(イギリス、フランス、ドイツ、アメリカなど)が、非欧...
ヨーロッパ世界の形成と発展

西ゴート王国とアッティラの王国

ゲルマン諸族の侵入 西ゴート人がローマ帝国へ侵入した後、西ゴート人への対処だけで精一杯となったローマ帝国の警備が薄くなった北辺にヴァンダル族やスエヴィ族、アレマン族が406年12月31日、氷結したライン川を渡りガリア全域を混沌に陥れた。ロ...
イスラーム帝国の形成と発展と分裂

テュルク人(トルコ人)の時代~セルジューク朝・カラハン朝・ガズナ朝~

テュルク人の西方移住 テュルク人(トルコ人)はもともと。モンゴル高原に居たが、テュルク系のウイグルがテュルク系のキルギスに倒され西へと敗走。その後、中央アジアで遊牧生活を送っていたテュルク人は,人口増加のためにまた西方へと移住を開始する。...
イスラーム帝国の形成と発展と分裂

シーア派の時代

タラス河畔の戦いで唐が中央アジアから撤退したあと、中央アジアのトルコ系遊牧民がイスラーム帝国へと侵入を繰り返した。 サーマーン朝 建国 アッバース朝はイラン系軍人を総督(アミール)として国境においた。しかし、このイラン系軍人が...
イスラーム帝国の形成と発展と分裂

イスラーム帝国の成立と繁栄

"イスラーム帝国"の成立 アッバース革命 750年、ムハンマドの親戚の子孫である アブー=アルアッバースが イラン北東部のホラーサーンを拠点に、 シーア派の反ウマイヤ運動や マワーリー(アラブ人以外のムスリム)の協力を得て、 ...
イスラーム帝国の形成と発展と分裂

イスラーム世界の成立

正統カリフ時代 正統カリフとは ムハンマドが亡くなると、選挙によってムハンマドの義父、アブー・バクルがカリフ(後継者)に選ばれた。以後4代に渡って、イスラーム教徒の選挙で選ばれたため、正統なカリフと呼ばれた。 聖戦(ジ・ハード) イ...
イスラーム帝国の形成と発展と分裂

イスラーム教の成立

この記事は工事中です。だである調とですます調が混ざっています。 大変読みにくいですが、ご了承ください。 イスラーム教の成立の背景 セム系アラブ人がアラビア半島において、 小規模農業やキャラバン隊を組んで商業活動を行っていました。...
隋・唐時代の繁栄

隋唐時代の宗教

儒教 魏晋南北朝時代はそんなに発展しなかったが、 科挙が始まると、これまで行われてきた訓詁学を 整理する必要性が出てきた。 こうした中、太宗の指示を受け、孔頴達(くようだつ/こうえいたつ)は 公定注釈書である「五経正義(ご...
スポンサーリンク