オルドス

スポンサーリンク
宋の中央集権化

西夏(せいか)

唐末、黄河が曲がるオルドス地方で発生したチベット系民族がタングート族で東西交通の要衝の地である敦煌を押さえて、その利益で強大化した。 初めの頃、太祖(趙匡胤)はオルドス方面に対して、羈縻政策(ゆるくつなぎとめる支配)を行っていたが、982年...
古代中国文明

武帝の政治

武帝の内政政策 推恩の令 第7代武帝(位141~87)は諸侯に対して推恩の令(すいおんのれい)を発布して、 諸侯の勢力を弱めた。 内容 推恩の令とは嫡子のみの相続から子弟すべてに領地を分け与えるおう命じたもの。 その結果、諸...
古代中国文明

秦の中国統一と政治と秦の滅亡

秦王の政のとき、法家の李斯を起用し、前221年中国を統一。 「王」にかえて「皇帝」(煌々たる上帝、光り輝く絶対神)の称号を創始。 すなわち秦の始皇帝である。 都は引き続き咸陽(かんよう) 内政 中央官制では丞相(じょう...
スポンサーリンク