クリルタイ

スポンサーリンク
モンゴル民族の発展

元末の情勢と紅巾の乱

元末の情勢 元末の混乱 14世紀、 クビライの次の成宗の死後、帝位継承をめぐり相続争いが続いた。 帝位継承制度がクリルタイのままだったので、一族の権力争いが続いた。 代表的な例として、上都派と大都派にわかれた混乱である天暦の内...
モンゴル民族の発展

元の成立

元の成立 モンケの死によって、後継者を決めなくてはならなくなりました。 しかし、モンケの子供たちは20代と若く即位できず、 モンケの弟のフレグは遠征中のため即位できませんでした。 そのため、後継者はクビライ(フビライ)とアリクブ...
モンゴル民族の発展

モンケ・カン(モンケ・ハーン)

即位オゴデイ・カン(オゴタイ・ハーン)の長子、第三代皇帝グユクは即位後すぐに病弱のため、急死。ジョチ家とトゥルイ家はモンケを皇帝に推薦し、オゴデイ家とチャガタイ家はオゴデイの指定していたシレムンを推薦した。激しく対立したが、1251年トゥル...
モンゴル民族の発展

オゴデイ・カン

クリルタイで推されて、即位したチンギス・カンの第三子オゴデイは、チンギス・カンの再開した対金戦争を継承し、三方(オッチギンの左翼軍、オゴデイの中央軍、トゥルイの右翼軍)から金を攻略を試みる。 1232年、トゥルイの右翼軍と金の主軍が会戦。→...
モンゴル民族の発展

蒼き狼の大モンゴル帝国(イェケ・モンゴル・ウルス)の建国

最初は弱小のモンゴルのテムジンは、父は殺され、妻は孕ませられ、散々でしたが一族を率いるときがやってきて、ユーラシアの覇王となる日がやってきます。
スポンサーリンク