タラス河畔

スポンサーリンク
イスラーム帝国の形成と発展と分裂

シーア派の時代

タラス河畔の戦いで唐が中央アジアから撤退したあと、中央アジアのトルコ系遊牧民がイスラーム帝国へと侵入を繰り返した。 サーマーン朝 建国 アッバース朝はイラン系軍人を総督(アミール)として国境においた。しかし、このイラン系軍人が...
イスラーム帝国の形成と発展と分裂

イスラーム帝国の成立と繁栄

"イスラーム帝国"の成立 アッバース革命 750年、ムハンマドの親戚の子孫である アブー=アルアッバースが イラン北東部のホラーサーンを拠点に、 シーア派の反ウマイヤ運動や マワーリー(アラブ人以外のムスリム)の協力を得て、 ...
隋・唐時代の繁栄

唐の社会~西域商人の活躍と市場独占と貧富の拡大~

市 市は唐代に城郭内の一区画に設けられた商業交易のための地域。長安の東市・西市が有名。 市舶司 市舶司(しはくし)は玄宗時代に広州に初めて設置された海上貿易管理機関のことである。 その機関はその後、泉州、上海などの貿易港に置かれ...
隋・唐時代の繁栄

玄宗の開元の治

武韋の禍をおさめた 玄宗は第6代皇帝に即位しました。 28歳の若さでした。 意欲的に政治に取り組み、当初は 開元の治と呼ばれる善政を行いました。 都の長安は空前の繁栄を見せており、 文化は爛熟期を迎えていた。 律令...
スポンサーリンク