反乱

スポンサーリンク
フランス革命とナポレオン

フランス革命⑦国民公会とルイ16世の処刑と第1回対仏大同盟

前回、 でフランス国王ルイ16世は幽閉され、 王権は停止しました。 そのような混乱の中、 フランスは一体どこへ向かうのでしょうか。 国民公会の成立 1792年8月末から9月初めに実施した男性普通選挙により...
アメリカ合衆国の発展

南北戦争①開戦の背景~経済と奴隷をめぐり戦うまで~

2016年1月現在、アメリカ合衆国は大統領選挙が粛々と準備されつつありますが、共和党は過激な差別発言で知られるトランプ氏が有利に立っています。しかし、奴隷解放を主張したのは一体どこの党だったのでしょうか? 合衆国内の南北経済的利害対立 ...
ウィーン体制

ウィーン体制の動揺~自由主義・国民主義運動~

2015年現在、少しずつ再び回帰しているのではないか?と個人的に思う自由主義と国民主義。保守が良いとは言っていないし、自由なのも必ずしもいいとも言っていない。本日はこの2つを解説する。 自由主義(リベラリズム)とは? より多くの人々が政治に...
スポンサーリンク
平安時代中期

承平・天慶の乱〜平将門の乱と藤原純友の乱〜

承平天慶の乱は、平将門の乱と藤原純友の乱の2つを年号にちなんで名付けられた名前です。 中央政府の軍事力の低下や無力さを暴露するとともに、 地方武士の実力を朝廷に知らしめた事件といえます。
奈良時代

聖武天皇の時代

初期の政治 律令国家の支配組織や長屋王と藤原四子を参考にしてください。 藤原四子の死後の政治 藤原四子は天然痘でこの世を去ったあと、皇族出身の橘諸兄(たちばなのもろえ)が政権の実権を握り、唐から帰国した吉備真備(きびのまきび)と玄昉(...
古墳時代

ヤマト政権の発展~磐井の乱・二朝並立を乗り越えて~

大伴氏の失脚 大伴金村(おおとものかなむら)は武烈天皇の死後、 507年に越前(福井県)から応神天皇の5世孫と自称する それまでの大王との血縁が怪しい 「男大迹王」(おおどのおう)を迎えて即位させ、 ヤマト政権の血縁断絶の危機を乗...
宋の中央集権化

神宗の宰相・王安石の新法~その政策の内容は?~

11世紀後半、 財政破綻を克服するため、 第6代皇帝神宗(しんそう)は改革を目指した。 神宗に登用されて約7年の間、 宰相として改革を実施したのが官戸出身の王安石(おうあんせき)。 彼は政治家にして唐宋八大...
明・清代の中国と近隣国

朱元璋(洪武帝)の台頭と明の建国

朱元璋 誕生・幼少期 1328年朱元璋(しゅげんしょう)は 安徽省濠州の貧しい中でも一番貧しい小作農(佃戸)の家に生まれた。(現在の安徽省徐州市鳳陽県) 本名は重八。(一族同世代の中で8番目に生まれたから) ...
モンゴル民族の発展

元末の情勢と紅巾の乱

元末の情勢 元末の混乱 14世紀、 クビライの次の成宗の死後、帝位継承をめぐり相続争いが続いた。 帝位継承制度がクリルタイのままだったので、一族の権力争いが続いた。 代表的な例として、上都派と大都派にわかれた混乱である天暦の内...
モンゴル民族の発展

第2回日本遠征(弘安の役)

第2回日本遠征(弘安の役)の目的モンゴルは南宋を滅亡させた後、元朝にとって南宋の兵士の取り扱いが問題化。南宋の兵士に俸給を払う→財政圧迫南宋の兵士を放置→兵士が不満→反乱そこで、南宋の兵士の中から志願者を募り、海外遠征に振り向けることにした...
スポンサーリンク