スポンサーリンク
平安時代中期

悪吏

悪吏とは 受領(ずりょう)の中で、巨利をあげるために強欲な振る舞いを行った人。任地で郡司や有力農民から暴政を訴えられるケースがしばしばあった。 大宰大弐(だざいだいに)藤原惟憲(ふじわらのこれのり/963~1022) 「随身の珍宝はその数...
平安時代中期

承平・天慶の乱〜平将門の乱と藤原純友の乱〜

承平天慶の乱は、平将門の乱と藤原純友の乱の2つを年号にちなんで名付けられた名前です。 中央政府の軍事力の低下や無力さを暴露するとともに、 地方武士の実力を朝廷に知らしめた事件といえます。
平安時代初期

弘仁・貞観文化~建築・彫刻・絵画・書道・教育・漢詩・史書編

密教は弘仁・貞観文化~密教編~を参考にしてください。 建築 室生寺 延暦寺も金剛峰寺も女性の参詣が認められていなかった。そんな中、女性の参詣を認めた寺として、「女人高野」(にょにんこうや)という異名をとった室生寺(むろうじ)が有名。 ...
スポンサーリンク
飛鳥時代

律令国家の税制

 民衆の管理 戸籍・計帳 政府は、全国の人民を戸籍(こせき)・計帳(けいちょう)に登録することによって、 律令体制を末端にまで浸透させようとした。 参考内部リンク 改新の詔を参考 戸籍 戸籍は,戸を単位として人民一人一人を...
飛鳥時代

天武天皇の時代

天武天皇の時代(673年~686年) 皇親政治 大海人皇子(おおあまのみこ)は672年に飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらぐう)に遷都し、天武天皇(てんむてんのう)となる。大臣をおかず、皇后(天智天皇皇女の鸕野皇女(うのー)⇒持統天皇(じとうて...
飛鳥時代

天智天皇の時代

天智天皇の即位 中大兄皇子は長い間斉明天皇の死後、皇太子のまま政治を行う称制で政務を行っていたが、668年即位して天智天皇(てんじてんのう)となる。 新羅の朝鮮統一 この年、唐・新羅連合軍は高句麗を滅ぼした。670年から両者は...
戦国時代

一揆

一揆 一揆とは「揆を一にする」ということで、要求貫徹運動の意味。 種類 徳政一揆 借金帳消しを求める一揆。 国一揆 国人中心で一国規模で起こった一揆。一国規模でないものは国人一揆と呼ぶ。 一向一揆 一向宗(浄土真宗)の本願寺門徒の農民や土豪...
飛鳥時代

隋との交渉

倭の五王の遣使が跡絶えた以降中国との交流が絶え、冊封体制から抜けだしていたが、隋に拠る中国統一の結果、倭は対新羅関係を打破しようとした。 『隋書』東夷伝倭国条 まとめたのは唐の魏徴。 遣隋使 600年、第一次遣隋使  開皇二十年、...
飛鳥時代

推古朝の政治

隋による中国統一 くわしくは隋を参照。 北朝から起こった隋が南朝の陳を滅ぼして、およそ400年ぶりに統一王朝が成立した。 隋は律令を整備するとともに、周辺諸国への圧力を強め、589年以降幾度となく高句麗へと遠征軍を派遣した。 朝...
古墳時代

ヤマト政権の成立と政治制度

ヤマト政権とは古墳時代前期に畿内で形成された政治連合。政治連合の首長は「大王」 (おおきみ)。 勢力範囲 雄略天皇が中国の宋の皇帝に送った上表文や、千葉県稲荷台1号墳から出土した鉄剣や、埼玉県稲荷山古墳から出土した鉄剣、それに熊...
スポンサーリンク