守護

スポンサーリンク
戦国時代

織田信長の尾張統一

浮野の戦い 岩倉城の織田伊勢守家・織田信賢(おだのぶかた)が 美濃国の斎藤義龍と結んで織田信長を攻撃しました。 織田伊勢守家(岩倉織田家) 尾張国上四郡を領する嫡流の守護代家です。 この頃は織田信安の子である 織田信賢と織田信家...
戦国時代

織田信長、謀反を企てた弟・織田信行を殺害

織田信長と織田信行の家督争い 織田信行は織田信長と2歳違いの兄弟です。 織田信長が兄で、織田信行が弟です。 稲生の戦い 1556年8月22日、 織田信行は、 父・織田信秀の宿老である 林秀貞(はやしひでさだ)・柴田勝家(し...
戦国時代

織田信長の清須城入城~主家・清須織田家の滅亡~

尾張守護・斯波義統の自刃 1554年7月12日、 尾張守護・斯波義統(しばよしむね)に 尾張下四郡の守護代・織田信友(おだのぶとも)と、 その家臣で小守護代・坂井大膳(さかいだいぜん)らが 斯波義統の子・斯波義銀(よしかね)が ...
スポンサーリンク
戦国時代

織田信長(吉法師)の誕生-2歳で那古野城主に-

尾張での勢力 守護・斯波氏と守護代・織田氏 尾張では、 守護の斯波氏が守護代の織田氏に実権を奪われていました。 織田氏も2家に分かれ、 上4郡を支配する岩倉城の 織田伊勢守家(おだいせのかみけ)と 下4郡を支配する清須城の...
歴史教育

三好元長の死~和泉の一向一揆・足利義維の失脚~

前回のあらすじ 中嶋の戦いの背景  堺公方府の河内国守護・畠山義宣 (はたけやまよしのぶ/義尭(よしあき)、義英(よしひで)の子)と 河内守護代・木沢長政(きざわながまさ) の対立が原因です。 153...
戦国時代

北条早雲(伊勢新九郎盛時)の伊豆討ち入り

伊勢氏と早雲 伊勢氏は室町幕府の政所の執事の家系でした。 世が世ならエリート官僚として、 伊勢新九郎盛時も活躍していたことでしょう。 堀越公方御家騒動 堀越公方、足利政知の死 1491年4月3日、足利義政の異母弟である足利政...
戦国時代

明応の政変

1493年4月22日、 細川政元が足利義稙(よしたね)の代わりに、 足利義政の異母弟・足利政知の子、 香厳院清晃(きょうごんいんせいこう)を将軍に擁立した。 23日、その旨を朝廷に奏上した。 擁立の経緯 2月15日、足利義稙...
戦国時代

一揆

一揆 一揆とは「揆を一にする」ということで、要求貫徹運動の意味。 種類 徳政一揆 借金帳消しを求める一揆。 国一揆 国人中心で一国規模で起こった一揆。一国規模でないものは国人一揆と呼ぶ。 一向一揆 一向宗(浄土真宗)の本願寺門徒の農民や土豪...
古墳時代

ヤマト政権の成立と政治制度

ヤマト政権とは古墳時代前期に畿内で形成された政治連合。政治連合の首長は「大王」 (おおきみ)。 勢力範囲 雄略天皇が中国の宋の皇帝に送った上表文や、千葉県稲荷台1号墳から出土した鉄剣や、埼玉県稲荷山古墳から出土した鉄剣、それに熊...
戦国時代

応仁の乱

関東の享徳の乱とともに戦国時代の開幕を告げる乱。 嘉吉の乱の戦後処理と山名宗全と細川勝元の対立 1447年、山名宗全(やまなそうぜん/宗全は出家後の名前。本名・持豊もちとよ)が嘉吉の乱で足利義教とともに殺された山名煕貴(ひろたか...
スポンサーリンク