律令体制

スポンサーリンク
平安時代中期

延喜・天暦の治~醍醐天皇・村上天皇の治世~

公平な人事が行われ、学問が興隆した時代。 醍醐天皇の時代 延喜の治とは 醍醐天皇の治世(897年~930年)を延喜の治という。これは当時の年号の「延喜」をとったもの。延喜という年号は三善清行(みよしきよゆき)によって901年が辛酉の年にあっ...
奈良時代

藤原不比等と藤原四子と長屋王の変

藤原不比等 中臣鎌足の子の藤原不比等(ふじわらのふひと)は、 奈良時代初期に権勢を振るい、 元明天皇の時代に平城京遷都を主導したのも彼である。 皇族継承を巡って、 娘の宮子(みやこ)を文武天皇の夫人に嫁がせ、 その間に生まれ...
飛鳥時代

律令国家の税制

 民衆の管理 戸籍・計帳 政府は、全国の人民を戸籍(こせき)・計帳(けいちょう)に登録することによって、 律令体制を末端にまで浸透させようとした。 参考内部リンク 改新の詔を参考 戸籍 戸籍は,戸を単位として人民一人一人を...
飛鳥時代

わが国における律令国家のしくみ~大宝律令の完成~

大宝律令の完成 息子が早世した持統天皇(じとうてんのう)は、孫の文武天皇(もんむてんのう)に譲位し、藤原京での即位後、持統太上天皇(ーだいじょうー)と藤原不比等(ふじわらのふひと)主導のもと、刑部親王(くさかべしんのう)を総裁として、新た...
飛鳥時代

天武天皇の時代

天武天皇の時代(673年~686年) 皇親政治 大海人皇子(おおあまのみこ)は672年に飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらぐう)に遷都し、天武天皇(てんむてんのう)となる。大臣をおかず、皇后(天智天皇皇女の鸕野皇女(うのー)⇒持統天皇(じとうて...
隋・唐時代の繁栄

玄宗の開元の治

武韋の禍をおさめた 玄宗は第6代皇帝に即位しました。 28歳の若さでした。 意欲的に政治に取り組み、当初は 開元の治と呼ばれる善政を行いました。 都の長安は空前の繁栄を見せており、 文化は爛熟期を迎えていた。 律令...
隋・唐時代の繁栄

律令体制における民衆支配

均田制北魏から始まった土地制度。唐の均田制では、丁男(ていだん・21~59歳の男)中男(ちゅうだん、ちゅうなん・16~20歳)一代に対し、口分田(北魏~隋までの露田)を80畝(ぼ)支給し、丁男に税を課し、永業田(代々世襲・作物は主に桑、隋ま...
隋・唐時代の繁栄

中国における律令体制の成立

隋唐の国家体制を一般に律令体制(りつりょうたいせい)と呼び、法典の整備をなし、刑法の律、行政法や民法の令追加規定の格、施行細則の式が基本法典として定められた。→日本や朝鮮を始めとする東アジアの国々に多大なる影響を与えた。 律令官制の中央行政...
スポンサーリンク