摂関

スポンサーリンク
平安時代中期

内訌時代と藤原道長・藤原頼通の時代

内訌時代 安和の変によって他氏排斥が完了した後(内部リンク:藤原氏の他氏排斥を参考)、藤原氏の内部、身内同士で対立がおこる。内訌というのは内部対立という意味。藤原北家の内部で主導権を巡る争いが起こったわけである。「氏の長者」という摂政・関...
平安時代中期

延喜・天暦の治~醍醐天皇・村上天皇の治世~

公平な人事が行われ、学問が興隆した時代。 醍醐天皇の時代 延喜の治とは 醍醐天皇の治世(897年~930年)を延喜の治という。これは当時の年号の「延喜」をとったもの。延喜という年号は三善清行(みよしきよゆき)によって901年が辛酉の年にあっ...
平安時代中期

藤原家の他家排斥

承和の変 変の概要 842年、嵯峨上皇の死を契機に、恒貞親王(つねさだしんのう)の部下である橘逸勢(たちばなのはやなり)と伴健岑(とものこわみね)が謀叛を企てたとして失脚させられる事件発生。時の天皇は仁明天皇。藤原冬嗣の子・藤原良房(ふじわ...
スポンサーリンク