スポンサーリンク
生物の進化

3つの突然変異と進化

遺伝子突然変異 遺伝子の本体であるDNAの塩基配列の変化によって、 おこる突然変異のことを遺伝子突然変異といいます。  塩基配列の変化 塩基配列の変化とは、 塩基の一部が置換、挿入、欠失されることをいいます。 ...
占領下時代

五大改革指令『経済民主化』

軍国主義の基盤であると考えられたものを 総司令部は 都市においてはあまりに巨大な財閥が怖かったために財閥解体と 農村においては地主の力を恐れて、寄生地主制の廃止、 いわゆる農地改革行いました。 GHQは日本の内...
ヨーロッパ世界の形成と発展

カール大帝の業績

即位 768年に小ピピンが死ぬと、その子カールとカールマンの兄弟が王国を2分割にして治めていたが、771年のカールマンの死で、カール大帝(カール1世/シャルルマーニュ/Karl I/Carlemagne/在位768~814)が全フランクを...
スポンサーリンク
ウィーン体制

ギリシア独立戦争~甘やかされた支援とウィーン体制の動揺~

16世紀以来、オスマン帝国の領土だったギリシアでしたが、ナショナリズムが高揚して、19世紀はじめに独立運動がおこりました。そこへロシア・イギリス・フランスが東地中海地域への進出を目論んで独立支援にまわり、ギリシア独立戦争が勃発します。
帝国主義と列強の展開

独占資本主義

巨大企業の成立 工場の設立 新しい工業部門では、高度な新技術の導入とともに、多数の労働者が一貫した効率的なシステムのもとに働く巨大な設備を備えた工場が建設された。 企業の少数精鋭化~大不況と吸収合併~ 1873年にはじまった「大...
平安時代中期

悪吏

悪吏とは 受領(ずりょう)の中で、巨利をあげるために強欲な振る舞いを行った人。任地で郡司や有力農民から暴政を訴えられるケースがしばしばあった。 大宰大弐(だざいだいに)藤原惟憲(ふじわらのこれのり/963~1022) 「随身の珍宝はその数...
占領下時代

五大改革指令~アメリカとの日本改革~

1945年10月11日に、GHQのマッカーサーは五大改革指令を幣原喜重郎に口頭で伝えます。日本の非軍事化と民主化をすすめるために指令され、全部実現されました。5つの改革とは、女性解放、労働組合の奨励、教育制度改革、圧政撤廃、経済民主化の5つです。これらにより日本は民主国家の道を歩きはじめます。
ヨーロッパ世界の形成と発展

ゲルマン人の大移動の始まり

ゲルマン人とは 起源 ゲルマン人はバルト海沿岸やユトランド半島の森林や沼沢地(しょうたくち)に住んでいたインド=ヨーロッパ語族の民族。現在のヨーロッパの人種の大多数を占める。 西ヨーロッパにかけて暮らしていたケルト人をゲルマン人が進撃し、...
イスラーム帝国の形成と発展と分裂

シーア派の時代

タラス河畔の戦いで唐が中央アジアから撤退したあと、中央アジアのトルコ系遊牧民がイスラーム帝国へと侵入を繰り返した。 サーマーン朝 建国 アッバース朝はイラン系軍人を総督(アミール)として国境においた。しかし、このイラン系軍人が...
平安時代中期

延喜・天暦の治~醍醐天皇・村上天皇の治世~

公平な人事が行われ、学問が興隆した時代。 醍醐天皇の時代 延喜の治とは 醍醐天皇の治世(897年~930年)を延喜の治という。これは当時の年号の「延喜」をとったもの。延喜という年号は三善清行(みよしきよゆき)によって901年が辛酉の年にあっ...
スポンサーリンク