混乱

スポンサーリンク
フランス革命とナポレオン

フランス革命⑦国民公会とルイ16世の処刑と第1回対仏大同盟

前回、 でフランス国王ルイ16世は幽閉され、 王権は停止しました。 そのような混乱の中、 フランスは一体どこへ向かうのでしょうか。 国民公会の成立 1792年8月末から9月初めに実施した男性普通選挙により...
フランス革命とナポレオン

フランス革命⑥~オーストリアへの宣戦と八月十日事件~

オーストリアへの宣戦布告 1792年4月、フランスはオーストリアへ宣戦布告します。 オーストリアはプロイセンと結んでいました。 フランス国内は混乱状態であり、 準備不足であったフランス軍は劣勢でありました。 背景 ジ...
幕末

江戸幕府の動揺と幕末の政治・経済大混乱と~安政の大獄から桜田門外の変へ~

日本は1854年に開国して、1859年から貿易が始まりました。 当時の日本においての金の価値は、 海外と比べて低かったために、 金が海外へと流出を初め、日本経済は混乱しました。 井伊直弼への責任追及の声 日...
スポンサーリンク
世界分割と列強対立

エチオピア戦争とイタリア=トルコ戦争~イタリアのアフリカ適当進出~

イタリアのアフリカ植民地 イタリアは1880年代に、スエズ運河以来、 戦略的重要性が増していたエリトリアとソマリランドを獲得しました。 エチオピア戦争 エリトリアやソマリランドの獲得に乗じて、 その間に位置するエチオピアも征服し、...
ウィーン体制

ウィーン会議とその体制

ヨーロッパで近頃起こっているギリシア問題や移民問題やパリでのテロ事件。直接的な要因は後々の投稿で書く予定であるが、その前提知識としてウィーン会議は知っておかないと話について来れないので、ウィーン会議を先に解説する。 ウィーン会議 背景 ...
NO IMAGE 平安時代中期

地方政治の混乱~初期荘園と国司制の変質~

荘園制度編 荘園とは 地方豪族や有力農民が、9世紀後半までに院宮王臣家と組んで、開墾した自らの田(墾田)のこと。荘園をどんどん増やしていった。 荘園の変遷 初期荘園(墾田地系荘園) 8世紀から9世紀にかけての荘園を初期荘園といい、墾田地系荘...
平安時代中期

平安時代の国際関係と刀伊の入寇

9世紀から10世紀にかけての東アジアの動乱の結果、日本は積極的な孤立政策をとるようになる。安史の乱などによって荒れ果てた中国には訪れる意味はなく、宋の時代になっても国交は開かれなかった。しかし、民間の貿易は盛んになっていった。  また、女真族が攻めてくるこれを刀伊の入寇という。
イスラーム帝国の形成と発展と分裂

シーア派の時代

タラス河畔の戦いで唐が中央アジアから撤退したあと、中央アジアのトルコ系遊牧民がイスラーム帝国へと侵入を繰り返した。 サーマーン朝 建国 アッバース朝はイラン系軍人を総督(アミール)として国境においた。しかし、このイラン系軍人が...
NO IMAGE 平安時代中期

延喜・天暦の治~醍醐天皇・村上天皇の治世~

公平な人事が行われ、学問が興隆した時代。 醍醐天皇の時代 延喜の治とは 醍醐天皇の治世(897年~930年)を延喜の治という。これは当時の年号の「延喜」をとったもの。延喜という年号は三善清行(みよしきよゆき)によって901年が辛酉の年にあっ...
平安時代初期

嵯峨天皇の時代

平城太上天皇の変・薬子の変・奈良坂の戦い 平城上皇の重祚をはかって失敗に終わった事件。 変の概要 平城天皇の譲位 諸国の役人をチェックするための役人として観察使という令外官を置いたことで知られる、桓武天皇の子・平城天皇(へいぜいてん...
スポンサーリンク