滅亡

スポンサーリンク
戦国時代

織田信長の清須城入城~主家・清須織田家の滅亡~

尾張守護・斯波義統の自刃 1554年7月12日、 尾張守護・斯波義統(しばよしむね)に 尾張下四郡の守護代・織田信友(おだのぶとも)と、 その家臣で小守護代・坂井大膳(さかいだいぜん)らが 斯波義統の子・斯波義銀(よしかね)が ...
ヨーロッパ世界の形成と発展

ゲルマン民族の王国

西ゴート王国とフランク王国は別記事参照。 東ゴート王国 フン人征服時代 過去記事参照。 英雄テオドリック大王の時代 人質時代 わずか7歳で、東ローマ帝国の人質としてコンスタンティノープルのゼノン皇帝のもとに送られて宮廷で育った。ラテン語やギ...
ヨーロッパ世界の形成と発展

西ゴート王国とアッティラの王国

ゲルマン諸族の侵入 西ゴート人がローマ帝国へ侵入した後、西ゴート人への対処だけで精一杯となったローマ帝国の警備が薄くなった北辺にヴァンダル族やスエヴィ族、アレマン族が406年12月31日、氷結したライン川を渡りガリア全域を混沌に陥れた。ロ...
スポンサーリンク
平安時代中期

平安時代の国際関係と刀伊の入寇

9世紀から10世紀にかけての東アジアの動乱の結果、日本は積極的な孤立政策をとるようになる。安史の乱などによって荒れ果てた中国には訪れる意味はなく、宋の時代になっても国交は開かれなかった。しかし、民間の貿易は盛んになっていった。  また、女真族が攻めてくるこれを刀伊の入寇という。
イスラーム帝国の形成と発展と分裂

シーア派の時代

タラス河畔の戦いで唐が中央アジアから撤退したあと、中央アジアのトルコ系遊牧民がイスラーム帝国へと侵入を繰り返した。 サーマーン朝 建国 アッバース朝はイラン系軍人を総督(アミール)として国境においた。しかし、このイラン系軍人が...
戦国時代

北条早雲(伊勢新九郎盛時)の伊豆討ち入り

伊勢氏と早雲 伊勢氏は室町幕府の政所の執事の家系でした。 世が世ならエリート官僚として、 伊勢新九郎盛時も活躍していたことでしょう。 堀越公方御家騒動 堀越公方、足利政知の死 1491年4月3日、足利義政の異母弟である足利政...
飛鳥時代

白村江の戦い

百済の滅亡と再興への野望 百済の滅亡 朝鮮半島では、655年高句麗と百済が組んで、新羅を攻撃した。そこで新羅は唐に助けを求め、唐の高宗は660年、最初に百済に出兵し、その都扶余(ふよ)を陥落させ、義慈王は降伏した。ここに百済は滅亡した。...
飛鳥時代

大化改新~乙巳の変~

海外情勢 倭国でクーデターが発生したのは、 以下の海外情勢が原因です。 隋の滅亡と唐の建国 くわしくは隋と唐の建国参照してください。 高句麗への征伐に何度も失敗したことが財政圧迫の一因となり、 618年隋は滅亡し、唐...
飛鳥時代

隋との交渉

倭の五王の遣使が跡絶えた以降中国との交流が絶え、冊封体制から抜けだしていたが、隋に拠る中国統一の結果、倭は対新羅関係を打破しようとした。 『隋書』東夷伝倭国条 まとめたのは唐の魏徴。 遣隋使 600年、第一次遣隋使  開皇二十年、...
イスラーム帝国の形成と発展と分裂

イスラーム世界の成立

正統カリフ時代 正統カリフとは ムハンマドが亡くなると、選挙によってムハンマドの義父、アブー・バクルがカリフ(後継者)に選ばれた。以後4代に渡って、イスラーム教徒の選挙で選ばれたため、正統なカリフと呼ばれた。 聖戦(ジ・ハード) イ...
スポンサーリンク