王羲之

スポンサーリンク
隋・唐時代の繁栄

唐の書道

書道唐では書芸が大切に扱われ、科挙でも筆跡が重要視された。唐初は六朝時代の王羲之(おうぎし)の書風が重要視され、これを伝播する欧陽詢(おうようじゅん)と虞世南(ぐせいなん)は太宗に招かれて、貴族の子供や兄弟に、楷法を伝授した。この2人に褚遂...
魏晋南北朝

魏晋南北朝の文化

三国時代の呉~東晋・南朝までの、建業・建康を都とした江南王朝の文化を貴族文化(六朝(りくちょう)文化)という。 貴族の間で、道徳や規範に縛られない趣味の世界が好まれた。文化人の間では、老荘思想の発展である清談が流行。清談家として、世俗を避け...
スポンサーリンク