発展

スポンサーリンク
ヨーロッパ世界の形成と発展

ローマ=カトリック教会の発展と権威と教会の腐敗と堕落

ローマ=カトリック教会 封建社会ができたことにより、 ローマ=カトリック教会はしだいに、 修道士たちの心の拠り所として、 権威を高めていきました。 聖会諸侯 国王や諸侯からも土地の寄進を受けて、 政治的にも世俗諸侯(非聖会の諸...
ヨーロッパ世界の拡大

大航海時代の背景

大航海時代とは? 15世紀末から16世紀初めにかけて、 インドや新大陸へ向けた航路が開拓された時代のことです。 スペイン・ポルトガル両国王が中心となりました。 大航海時代の背景 経済的動機 アジアの産物・胡椒などの香...
アメリカ合衆国の発展

南北戦争①開戦の背景~経済と奴隷をめぐり戦うまで~

2016年1月現在、アメリカ合衆国は大統領選挙が粛々と準備されつつありますが、共和党は過激な差別発言で知られるトランプ氏が有利に立っています。しかし、奴隷解放を主張したのは一体どこの党だったのでしょうか? 合衆国内の南北経済的利害対立 ...
スポンサーリンク
アメリカ合衆国の発展

ゴールドラッシュと西部開拓とその清濁と

日本にペリーを差し向ける中、アメリカ国内ではこのような状態だった。下記はアメリカの民主主義と経済の発展にとって重要なものとなった。 ジャクソニアン=デモクラシー 西部出身の第7代大統領・ジャクソン(Andrew Jackson/...
アメリカ合衆国の発展

米英戦争~アメリカ合衆国の発展~

ペリー来航より少し前のお話。今の強いアメリカになってしまわれたのはここらの時代の苦労と強さが源じゃないかなーとか思いつつ綴ります。 米英戦争 戦前状況 アメリカ合衆国は政治的には独立に成功したが、経済的には工業があまり発達しなかった。 そ...
ウィーン体制

ギリシア独立戦争~甘やかされた支援とウィーン体制の動揺~

16世紀以来、オスマン帝国の領土だったギリシアでしたが、ナショナリズムが高揚して、19世紀はじめに独立運動がおこりました。そこへロシア・イギリス・フランスが東地中海地域への進出を目論んで独立支援にまわり、ギリシア独立戦争が勃発します。
帝国主義と列強の展開

帝国主義の時代~帝国主義の展開~

現代に至る、欧米諸国とイスラーム過激派組織ISISをはじめとするアラブ諸国の対立の根幹はここにあるのではないかと推察するにいたり、ここに書き記す。 帝国主義とは? 資本主義の欧米列強国(イギリス、フランス、ドイツ、アメリカなど)が、非欧...
世界史

産業革命①~何故イギリスで?~

産業革命とは 18世紀後半にイギリスで起こったもの。経済活動に機械や動力が導入。それにより、工場制機械工業が展開。その結果、社会や経済に大変革が起こった。これを産業革命と後世の歴史家は呼んだ。 なぜ、イギリスで発生したのか? 資本...
ヨーロッパ世界の形成と発展

フランク王国の勃興~メロヴィング朝とカロリング朝のはじまり~

メロヴィング朝 クローヴィス王 建国 481年、クローヴィスはフランク人を統一し、メロヴィング朝を開いた。 ガリア地方征服 486年、パリ地方のローマ人統治領(シアグリウスの国)を征服し、アレマン人・ブルグント人・西ゴート...
平安時代初期

弘仁・貞観文化~建築・彫刻・絵画・書道・教育・漢詩・史書編

密教は弘仁・貞観文化~密教編~を参考にしてください。 建築 室生寺 延暦寺も金剛峰寺も女性の参詣が認められていなかった。そんな中、女性の参詣を認めた寺として、「女人高野」(にょにんこうや)という異名をとった室生寺(むろうじ)が有名。 ...
スポンサーリンク