皇后

スポンサーリンク
奈良時代

天平文化の特色とは?宗教から社会起業家まで!!

天平文化の概要 特徴 天平文化(てんぴょうぶんか)は、 盛唐文化(せいとうぶんか)の影響をうけた グローバルな文化です。 天平文化は聖武天皇の時代の年号にちなんで付けられました。 国家仏教 鎮護国家 鎮護国家(ちんごこっ...
奈良時代

藤原不比等と藤原四子と長屋王の変

藤原不比等 中臣鎌足の子の藤原不比等(ふじわらのふひと)は、 奈良時代初期に権勢を振るい、 元明天皇の時代に平城京遷都を主導したのも彼である。 皇族継承を巡って、 娘の宮子(みやこ)を文武天皇の夫人に嫁がせ、 その間に生まれ...
飛鳥時代

白鳳文化

7世紀後半から8世紀初頭にかけて、天武天皇・持統天皇のやる気にあふれる政治さながら、文化も初唐文化などの外国の影響を受けた活気ある清新な文化。 神道と仏教 これらの整備・統制により、朝廷は国家の精神的支柱を確立した 神祇制度 神祇制度は、じ...
スポンサーリンク
飛鳥時代

持統天皇の時代

持統天皇(じとうてんのう)の時代(690~697) 持統天皇の即位とその背景 天武天皇(てんむてんのう)の死後、皇后の鸕野讃良皇女(うののさららのひめみこ/うののさららのおうじょ)は、称制(即位せず、政務を行うこと)をして、自らの子で皇...
飛鳥時代

天武天皇の時代

天武天皇の時代(673年~686年) 皇親政治 大海人皇子(おおあまのみこ)は672年に飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらぐう)に遷都し、天武天皇(てんむてんのう)となる。大臣をおかず、皇后(天智天皇皇女の鸕野皇女(うのー)⇒持統天皇(じとうて...
徳島

律令時代の阿波国

日本の情勢 7世紀末の飛鳥浄御原令(あすかきよみはられい)と701年の大宝律令により律令国家が成立。 阿波国の成立 粟国と長国 「阿波国」には、昔、北の方面を中心とする「粟国」(あわのくに)と、南の方面をさす「長国」(ながのくに)の二カ国か...
宋の中央集権化

南宋の成立と金の繁栄

宋の南遷 北宋の滅亡のとき、徽宗の第9子で、欽宗の弟の趙講は、金軍との交渉で、首都開封を離れていた。そのため、金に北へと拉致されずにすんだ。1127年5月に南京応天府で南宋・初代皇帝高宗として即位。健炎と改元する。(宋は五行思想によると火...
平安時代初期

長岡京と平安京の確立

光仁天皇の治世 光仁天皇の即位 770年、称徳天皇(女帝)の崩御後、 藤原式家の藤原百川(ふじわらのももかわ)らの策略によって、 天武天皇系の皇統に代わって、 天智天皇の孫である天智天皇系の白壁王(しらかべおう)が即位し、 光仁...
隋・唐時代の繁栄

2人の女性による唐の混乱(武韋の禍)

則天武后の政治 7世紀末 則天武后(そくてんぶこう)(武則天ぶそくてん)(位690~705)は, 太宗の後宮(こうきゅう/皇妃が住む場所)に入り、655年に高宗の皇后となり、 高宗の晩年には代わって政務を行うようになった。 ...
魏晋南北朝

晋(西晋)

魏の帝室は一族間の争いで勢力を失う。かわりに勢力をつけたのは、司馬氏だった。 第3代曹芳(そうほう)の時代になると、司馬懿(しばい)が権力を強め、曹氏一族を追い詰め始める。 第4代曹髦(そうぼう)は司馬懿の子である司馬昭によってとうとう傀儡...
スポンサーリンク