皇族

スポンサーリンク
奈良時代

恵美押勝と道鏡

大仏開眼供養 752年、孝謙天皇(こうけんてんのう)の時代に 盧遮那仏(るしゃなぶつ)が完成。 開眼供養の盛大な儀式は東大寺大仏殿で催された。 大仏開眼供養の開眼導師をつとめたのはインド僧の菩提僊那(ぼだいせんな)。 仏教...
奈良時代

聖武天皇の時代

初期の政治 律令国家の支配組織や長屋王と藤原四子を参考にしてください。 藤原四子の死後の政治 藤原四子は天然痘でこの世を去ったあと、皇族出身の橘諸兄(たちばなのもろえ)が政権の実権を握り、唐から帰国した吉備真備(きびのまきび)と玄昉(...
奈良時代

藤原不比等と藤原四子と長屋王の変

藤原不比等 中臣鎌足の子の藤原不比等(ふじわらのふひと)は、 奈良時代初期に権勢を振るい、 元明天皇の時代に平城京遷都を主導したのも彼である。 皇族継承を巡って、 娘の宮子(みやこ)を文武天皇の夫人に嫁がせ、 その間に生まれ...
飛鳥時代

律令国家の税制

 民衆の管理 戸籍・計帳 政府は、全国の人民を戸籍(こせき)・計帳(けいちょう)に登録することによって、 律令体制を末端にまで浸透させようとした。 参考内部リンク 改新の詔を参考 戸籍 戸籍は,戸を単位として人民一人一人を...
飛鳥時代

天武天皇の時代

天武天皇の時代(673年~686年) 皇親政治 大海人皇子(おおあまのみこ)は672年に飛鳥浄御原宮(あすかきよみはらぐう)に遷都し、天武天皇(てんむてんのう)となる。大臣をおかず、皇后(天智天皇皇女の鸕野皇女(うのー)⇒持統天皇(じとうて...
平安時代初期

格式、儀式、権門・寒門

嵯峨天皇の代に法整備が進んだ。 格式 律令の補足修正・補足した令である新法の格(きゃく)と律令書格の具体的な施行細則の式に分けた。律令にかわる新法が平安時代になると不可欠となった。奈良時代は律令の時代。平安時代は格式の時代とも言える。 弘...
平安時代初期

地方と貴族社会の変貌

偽籍(ぎせき)・・・戸籍に税負担の少ない女としてわざと登録すること。 これは、8世紀後半から農民の間で格差が生まれ、 税負担から逃亡・浮浪する農民が多くなった。 しかも、その人達を寺院や貴族が大規模所有する土地に受け入れを進めた。 その後、...
モンゴル民族の発展

元の成立

元の成立 モンケの死によって、後継者を決めなくてはならなくなりました。 しかし、モンケの子供たちは20代と若く即位できず、 モンケの弟のフレグは遠征中のため即位できませんでした。 そのため、後継者はクビライ(フビライ)とアリクブ...
古代中国文明

前漢初期の政治~劉邦から呉楚七国の乱~

都・長安 皇帝となった高祖・劉邦(りゅうほう)は都を長安に定めた。 渭水盆地の農業力 交配の四川盆地の豊かさ 水運の便 防衛に有利 などが長安を都に定めた理由です。 新都では、 未央宮(びおうきゅ...
スポンサーリンク