聖書

スポンサーリンク
ヨーロッパ世界の形成と発展

ローマ=カトリック教会の発展と権威と教会の腐敗と堕落

ローマ=カトリック教会 封建社会ができたことにより、 ローマ=カトリック教会はしだいに、 修道士たちの心の拠り所として、 権威を高めていきました。 聖会諸侯 国王や諸侯からも土地の寄進を受けて、 政治的にも世俗諸侯(非聖会の諸...
ヨーロッパ世界の形成と発展

カール大帝の業績

即位 768年に小ピピンが死ぬと、その子カールとカールマンの兄弟が王国を2分割にして治めていたが、771年のカールマンの死で、カール大帝(カール1世/シャルルマーニュ/Karl I/Carlemagne/在位768~814)が全フランクを...
ウィーン体制

ウィーン体制の動揺~自由主義・国民主義運動~

2015年現在、少しずつ再び回帰しているのではないか?と個人的に思う自由主義と国民主義。保守が良いとは言っていないし、自由なのも必ずしもいいとも言っていない。本日はこの2つを解説する。 自由主義(リベラリズム)とは? より多くの人々が政治に...
イスラーム帝国の形成と発展と分裂

イスラーム世界の成立

正統カリフ時代 正統カリフとは ムハンマドが亡くなると、選挙によってムハンマドの義父、アブー・バクルがカリフ(後継者)に選ばれた。以後4代に渡って、イスラーム教徒の選挙で選ばれたため、正統なカリフと呼ばれた。 聖戦(ジ・ハード) イ...
ローマ世界とキリスト教の成立

キリスト教の成立と発展

パレスチナでは前6世紀頃、 ヘブライ人の一神教をユダヤ教として確立。 ヘレニズム時代にユダヤ人は一時独立するもローマの属州となった。 ヘロデ王のときにローマに服属する王国となった。 ユダヤ教パリサイ派 神の戒めである律法を細か...
古代オリエント世界

セム系諸民族②~ヘブライ人~

ヘブライ人 ヘブライ人の祖先 ヘブライ人の祖先はユーフラテス川上流あたりで遊牧生活を送っていたが、前1500年頃、パレスチナ地方に移住し、一部はヒクソスと一緒にエジプトに入ったと考えられる。 出エジプト ヒクソス撃退後の新王国の圧政...
スポンサーリンク