自動下書き

スポンサーリンク
江戸時代

大名の配置〜江戸幕府を支えた基盤づくり②〜

家康の死と秀忠の功績 領知宛行状 徳川家康の三男であり、江戸幕府2代将軍でもある徳川秀忠(とくがわひでただ)は、1617年(元和3年)に領知宛行状(りょうちあてがいじょう)を発給した。 秀忠自ら、全国の大名に対して、土地領有者としての地位...
江戸時代

〜関ヶ原の戦後処理〜江戸幕府を支えた基盤づくり①

徳川家康から徳川慶喜にいたるまで250年間の幕府を支えたのはこんな施策があったからなのです。 大名の処遇 大名とは? 1万石以上の領地を与えられ、将軍と主従関係を結んだ武士のこと。 1石(ーこく)は因みに1年間にその当時1人あたりが食べ...
林業史

林業史①~日本の林業のはじまりと公私共利~

日本の林業のあけぼの 朝廷による森林利用・管理制度が初出。「山守部(やまもりべ)」が応神天皇の皇室所有林の保護することがはじまり。 森林管理または林産物生産の職制や詳細は不明。 法制度も十七条憲法まで制定された頃で、まだ林政の...
ヨーロッパ世界の形成と発展

フランク王国の勃興~メロヴィング朝とカロリング朝のはじまり~

メロヴィング朝 クローヴィス王 建国 481年、クローヴィスはフランク人を統一し、メロヴィング朝を開いた。 ガリア地方征服 486年、パリ地方のローマ人統治領(シアグリウスの国)を征服し、アレマン人・ブルグント人・西ゴート...
占領下時代

五大改革指令~アメリカとの日本改革~

1945年10月11日に、GHQのマッカーサーは五大改革指令を幣原喜重郎に口頭で伝えます。日本の非軍事化と民主化をすすめるために指令され、全部実現されました。5つの改革とは、女性解放、労働組合の奨励、教育制度改革、圧政撤廃、経済民主化の5つです。これらにより日本は民主国家の道を歩きはじめます。
平安時代中期

地方政治の混乱~初期荘園と国司制の変質~

荘園制度編 荘園とは 地方豪族や有力農民が、9世紀後半までに院宮王臣家と組んで、開墾した自らの田(墾田)のこと。荘園をどんどん増やしていった。 荘園の変遷 初期荘園(墾田地系荘園) 8世紀から9世紀にかけての荘園を初期荘園といい、墾田地系荘...
スポンサーリンク