菅原道真

スポンサーリンク
平安時代中期

平安時代の国際関係と刀伊の入寇

9世紀から10世紀にかけての東アジアの動乱の結果、日本は積極的な孤立政策をとるようになる。安史の乱などによって荒れ果てた中国には訪れる意味はなく、宋の時代になっても国交は開かれなかった。しかし、民間の貿易は盛んになっていった。  また、女真族が攻めてくるこれを刀伊の入寇という。
平安時代中期

藤原家の他家排斥

承和の変 変の概要 842年、嵯峨上皇の死を契機に、恒貞親王(つねさだしんのう)の部下である橘逸勢(たちばなのはやなり)と伴健岑(とものこわみね)が謀叛を企てたとして失脚させられる事件発生。時の天皇は仁明天皇。藤原冬嗣の子・藤原良房(ふじわ...
平安時代初期

弘仁・貞観文化~建築・彫刻・絵画・書道・教育・漢詩・史書編

密教は弘仁・貞観文化~密教編~を参考にしてください。 建築 室生寺 延暦寺も金剛峰寺も女性の参詣が認められていなかった。そんな中、女性の参詣を認めた寺として、「女人高野」(にょにんこうや)という異名をとった室生寺(むろうじ)が有名。 ...
平安時代初期

長岡京と平安京の確立

光仁天皇の治世 光仁天皇の即位 770年、称徳天皇(女帝)の崩御後、 藤原式家の藤原百川(ふじわらのももかわ)らの策略によって、 天武天皇系の皇統に代わって、 天智天皇の孫である天智天皇系の白壁王(しらかべおう)が即位し、 光仁...
スポンサーリンク