藤原家

スポンサーリンク
平安時代中期

平安時代の国際関係と刀伊の入寇

9世紀から10世紀にかけての東アジアの動乱の結果、日本は積極的な孤立政策をとるようになる。安史の乱などによって荒れ果てた中国には訪れる意味はなく、宋の時代になっても国交は開かれなかった。しかし、民間の貿易は盛んになっていった。  また、女真族が攻めてくるこれを刀伊の入寇という。
平安時代中期

藤原家の他家排斥

承和の変 変の概要 842年、嵯峨上皇の死を契機に、恒貞親王(つねさだしんのう)の部下である橘逸勢(たちばなのはやなり)と伴健岑(とものこわみね)が謀叛を企てたとして失脚させられる事件発生。時の天皇は仁明天皇。藤原冬嗣の子・藤原良房(ふじわ...
平安時代初期

弘仁・貞観文化~建築・彫刻・絵画・書道・教育・漢詩・史書編

密教は弘仁・貞観文化~密教編~を参考にしてください。 建築 室生寺 延暦寺も金剛峰寺も女性の参詣が認められていなかった。そんな中、女性の参詣を認めた寺として、「女人高野」(にょにんこうや)という異名をとった室生寺(むろうじ)が有名。 ...
平安時代初期

嵯峨天皇の時代

平城太上天皇の変・薬子の変・奈良坂の戦い 平城上皇の重祚をはかって失敗に終わった事件。 変の概要 平城天皇の譲位 諸国の役人をチェックするための役人として観察使という令外官を置いたことで知られる、桓武天皇の子・平城天皇(へいぜいてん...
奈良時代

恵美押勝と道鏡

大仏開眼供養 752年、孝謙天皇(こうけんてんのう)の時代に 盧遮那仏(るしゃなぶつ)が完成。 開眼供養の盛大な儀式は東大寺大仏殿で催された。 大仏開眼供養の開眼導師をつとめたのはインド僧の菩提僊那(ぼだいせんな)。 仏教...
奈良時代

藤原不比等と藤原四子と長屋王の変

藤原不比等 中臣鎌足の子の藤原不比等(ふじわらのふひと)は、 奈良時代初期に権勢を振るい、 元明天皇の時代に平城京遷都を主導したのも彼である。 皇族継承を巡って、 娘の宮子(みやこ)を文武天皇の夫人に嫁がせ、 その間に生まれ...
スポンサーリンク