趙匡胤

スポンサーリンク
宋の中央集権化

西夏(せいか)

唐末、黄河が曲がるオルドス地方で発生したチベット系民族がタングート族で東西交通の要衝の地である敦煌を押さえて、その利益で強大化した。 初めの頃、太祖(趙匡胤)はオルドス方面に対して、羈縻政策(ゆるくつなぎとめる支配)を行っていたが、982年...
宋の中央集権化

宋の建国と中国統一とその政策

趙匡胤らの中国再統一 960年、後周の部将で親衛隊長である節度使・趙匡胤(ちょうきょういん)が 人望があり、部下の将兵に推されて、後周の皇帝世宗の死後、遼の侵入の危機の中、 恭帝から禅譲されて、宋(北宋)を建国。皇帝(太祖)に即位。大...
スポンサーリンク