遣唐大使

スポンサーリンク
平安時代中期

平安時代の国際関係と刀伊の入寇

9世紀から10世紀にかけての東アジアの動乱の結果、日本は積極的な孤立政策をとるようになる。安史の乱などによって荒れ果てた中国には訪れる意味はなく、宋の時代になっても国交は開かれなかった。しかし、民間の貿易は盛んになっていった。  また、女真族が攻めてくるこれを刀伊の入寇という。
飛鳥時代

遣唐使・遣渤海使と新羅

遣唐使 唐の建国 唐の建国を参照。 遣唐使の変遷 最初の遣唐使 日本からの遣唐使(けんとうし)は、630年(舒明2年)の犬上御田鍬(いぬがみのみたすき)の派遣に始まる。犬上御田鍬は614年の第四次遣隋使でもあった。 遣唐使の...
飛鳥時代

大化改新~乙巳の変~

海外情勢 倭国でクーデターが発生したのは、 以下の海外情勢が原因です。 隋の滅亡と唐の建国 くわしくは隋と唐の建国参照してください。 高句麗への征伐に何度も失敗したことが財政圧迫の一因となり、 618年隋は滅亡し、唐...
スポンサーリンク