8

スポンサーリンク
ヨーロッパ世界の形成と発展

ローマ=カトリック教会の発展と権威と教会の腐敗と堕落

ローマ=カトリック教会 封建社会ができたことにより、 ローマ=カトリック教会はしだいに、 修道士たちの心の拠り所として、 権威を高めていきました。 聖会諸侯 国王や諸侯からも土地の寄進を受けて、 政治的にも世俗諸侯(非聖会の諸...
戦国時代

織田信長、謀反を企てた弟・織田信行を殺害

織田信長と織田信行の家督争い 織田信行は織田信長と2歳違いの兄弟です。 織田信長が兄で、織田信行が弟です。 稲生の戦い 1556年8月22日、 織田信行は、 父・織田信秀の宿老である 林秀貞(はやしひでさだ)・柴田勝家(し...
第一次世界大戦とロシア革命

サライェヴォ事件で第一次世界大戦が勃発

サライェヴォ事件 1914年6月28日、 オーストリア皇位継承者フランツ・フェルディナント大公夫妻が、 オーストリアに併合されたボスニア州での軍事演習視察に来ていました。 視察はセルビアの急進的民族主義者を刺激することをかねてよ...
スポンサーリンク
フランス革命とナポレオン

フランス革命⑦国民公会とルイ16世の処刑と第1回対仏大同盟

前回、 でフランス国王ルイ16世は幽閉され、 王権は停止しました。 そのような混乱の中、 フランスは一体どこへ向かうのでしょうか。 国民公会の成立 1792年8月末から9月初めに実施した男性普通選挙により...
フランス革命とナポレオン

フランス革命⑥~オーストリアへの宣戦と八月十日事件~

オーストリアへの宣戦布告 1792年4月、フランスはオーストリアへ宣戦布告します。 オーストリアはプロイセンと結んでいました。 フランス国内は混乱状態であり、 準備不足であったフランス軍は劣勢でありました。 背景 ジ...
フランス革命とナポレオン

フランス革命④ヴァレンヌ逃亡事件の理由とピルニッツ宣言

前回、ヴェルサイユ行進で、国王一家をパリに連れ帰りましたが、 今回は、また、逃亡する国王一家をまた、パリに連れ帰りました。 ヴァレンヌ逃亡事件 ヴァレンヌ逃亡事件の理由→ミラボーの死去 1791年宮廷と議会の朝廷に活躍してい...
フランス革命とナポレオン

フランス革命③ヴェルサイユ行進と国民議会の諸改革

前回、フランス革命②で人権宣言について扱いました。 今回は、いよいよ国王を連行します。 ヴェルサイユ行進 ヴェルサイユ行進とは? パンなどの物価の高騰に苦しんだ主婦たち7千人が、 ルイ16世と女王マリ・アントワ...
ヨーロッパ世界の形成と発展

西ヨーロッパ封建社会の荘園制~農奴の賦役と貢納と十分の一税~

西ヨーロッパにおける「荘園」とは? 西ヨーロッパにおいては、 12~13世紀頃に都市と商業が成長するまでは、 ほぼ自給自足の農業生活を送ってすごしていました。 その農業社会を支えていたのが、 荘園(しょうえん/villa,ma...
フランス革命とナポレオン

フランス革命②~ラ=ファイエットら起草の人権宣言~

1789年8月26日、 国民議会は自由主義的貴族のラ=ファイエット(La Fayette/1757~1834)らが起草した 17条からなる「人権宣言」を採択します。 人権宣言 正式には「人間と市民の権利の宣言」と...
歴史教育

三好元長の死~和泉の一向一揆・足利義維の失脚~

前回のあらすじ 中嶋の戦いの背景  堺公方府の河内国守護・畠山義宣 (はたけやまよしのぶ/義尭(よしあき)、義英(よしひで)の子)と 河内守護代・木沢長政(きざわながまさ) の対立が原因です。 153...
スポンサーリンク