スポンサーリンク
昭和時代

庶民首相の田中角栄内閣~日中共同声明・日本列島改造論~

佐藤内閣総辞職 閣僚の放言事件や新防衛力整備計画の予算先取り問題なども発生して、 沖縄返還後、1972年7月に第3次佐藤内閣は総辞職しました。 戦後最長内閣 戦後の首相では、在任期間が現時点では最も長い政権は佐藤栄作内閣です。 7...
環境と動物の反応

動物の循環系~血管系とリンパ系と心臓~

動物は酸素や二酸化炭素、 栄養素やホルモン、老廃物などを 体液を使って運搬したり、循環を生んでいます。 それを担っているのが、 循環系といいます。 循環系とは? 血液およびリンパを循環させる器官の集まりです。 ...
フランス革命とナポレオン

フランス革命①はじまり~バスティーユ事件と大恐怖~

前回 において、フランス革命の原因と背景についてお伝えしました。 今回は、いよいよフランス革命の本丸についてお伝えします。 バスティーユ牢獄襲撃事件 バスティーユ牢獄とは? 14世紀に建てられた城塞です。 ...
スポンサーリンク
ヨーロッパ世界の形成と発展

中世ヨーロッパにおいての封建制(封建社会)の成立

ヨーロッパ中世は通常、 封建社会や封建制(feudalism/ヒューダリズム)の時代と言われます。 封建制とは、古代中国の周王朝に由来する言葉ですが、 ヨーロッパの封建制とは異なります。 では、ヨーロッパの封建制とは一体...
環境と植物の反応

植物の反応~屈性と傾性~

私たち人間も刺激に合わせて行動しています。 たとえば、喋り声(音)が聞こえて声を出すというように。 動物だけではありません。植物も反応しています。 屈性とは? 植物は外界からの刺激に反応して、 植物体の一部を屈曲させる性質...
明・清代の中国と近隣国

永楽帝の治世と明の隆盛と南海諸国遠征

永楽帝の内政 宦官の復権 永楽帝は宦官を重く用いました。 内閣大学士 永楽帝は政治の最高機関として新たに内閣を設置しました。 その内閣に内閣大学士(ないかくだいがくし)という皇帝の顧問を 最重要の政務に参加させました。 洪武帝...
帝国主義と列強の展開

アイルランド解放運動とイースター蜂起~土地問題を巡って~

クロムウェルの侵略 クロムウェルの侵略以降、 土地の多くがイギリス人地主のものとされました。 アイルランド人は貧しい小作農家となっていました。 カトリック教徒解放法 1829年、カトリック教徒解放法が成立します。 これは...
帝国主義と列強の展開

イギリスの帝国主義の時代~自由貿易の帝国主義・世界の銀行~

19世紀後半のイギリスは自国産業の市場確保を目指して、 世界各地に侵…進出していきました。 自由貿易の帝国主義(非公式の帝国) イギリスが海外進出の際に、 直接、イギリスの政治的・領土的支配下に治めるよりも、 必要に応じて、 強...
幕末

薩長連合締結

坂本龍馬が歴史の教科書から消えたとしても、 サイト運営主は歴史用語を増殖させることで、 歴史に少しでも興味をもってもらえれば、 と考えています。 薩長連合の締結 薩長連合締結の背景 長州藩の背景 長州藩の軍備強化を背景に、 ...
言語学

「戦い」と「闘い」のちがい~誰と誰がたたかうか~

「戦い」と「闘い」 どちらも「たたかい」と読みます。 2つ合わせて「戦闘」ですね。 どっちも「たたかい」ですが、 どうちがうのか見ていきましょう。 単漢字の意味 「戦」 「戦」の意味 デジタル大辞泉による...
スポンサーリンク