スポンサーリンク
幕末

江戸幕府の動揺と幕末の政治・経済大混乱と~安政の大獄から桜田門外の変へ~

日本は1854年に開国して、1859年から貿易が始まりました。 当時の日本においての金の価値は、 海外と比べて低かったために、 金が海外へと流出を初め、日本経済は混乱しました。 井伊直弼への責任追及の声 日...
ティール組織

ティール組織の構造、実践、文化①~3つの獲得と隠喩~

過去から現在にいたるまで、 人類は、 Impulseive-Red Conformist-Amber Achievement-Orange Pluralistic-Green の4つの異なる世界観に基...
経済復興から高度成長へ

佐藤栄作内閣~日韓基本条約と小笠原諸島・沖縄返還協定~

1964年11月、池田勇人首相の病気のために第3次池田内閣は総辞職しました。 これによって、自民党の佐藤栄作(さとうえいさく/1901年~1975年)が内閣を組織しました。 いざなぎ景気 池田内閣の経済矛盾の露呈 池田内閣の...
スポンサーリンク
世界分割と列強対立

エチオピア戦争とイタリア=トルコ戦争~イタリアのアフリカ適当進出~

イタリアのアフリカ植民地 イタリアは1880年代に、スエズ運河以来、 戦略的重要性が増していたエリトリアとソマリランドを獲得しました。 エチオピア戦争 エリトリアやソマリランドの獲得に乗じて、 その間に位置するエチオピアも征服し、...
世界分割と列強対立

ドイツ植民地帝国とドイツによる二度にわたるモロッコ事件

ドイツはイギリス・フランスの接近に不安を感じていきます。。。 ドイツのアフリカ植民地 1884年に開かれたベルリン会議以降、 カメルーン、東アフリカ(タンガニーカ)、 西南アフリカ(ナミビア)、トーゴランドの 領有権を獲得しました...
世界分割と列強対立

ファショダ事件と英仏協商~英仏間の緊張と友好~

スーダンで発生したマフディーの反乱を鎮圧したキッチナー将軍率いるイギリス軍は南へ進軍して、 スーダンのファショダに到達します。一方、コンゴからナイル川の上流を目指した マルシャン率いるフランス軍もファショダに到達しました。 1898年、英仏が衝突したのです。これをファショダ事件といいます。
明・清代の中国と近隣国

建文新政と靖難の変と永楽帝の即位~明朝時代の黒歴史~

建文帝 即位 1398年閏5月、洪武帝が70歳で亡くなります。 次に即位したのは、洪武帝の孫である 建文帝(けんぶんてい/恵帝/けいてい/在位1398年~1402年)です。 建文帝は22歳で新皇帝となりました。...
平安時代後期

平氏政権の全盛~この一門にあらざらむ人は皆人非人なるべし~

平清盛の政治~六波羅政権~ 平清盛が平治の乱に勝利して、 六波羅政権を確立します。 実は平清盛の前に、 一族の土台がちゃんとありました。 六波羅政権 平清盛は1167年に武士として最初の太政大臣となりました。 ...
平安時代後期

平治の乱と平氏政権への道

前回、伊勢平氏の発展と保元の乱で、 勝った側の武士同士の対立が戦いの原因となりました。 では、今回の平治の乱をみていきましょう。 平治の乱の背景 後白河天皇の譲位と院政の開始 保元の乱のあと、1158年(保元3年)に後白河天皇...
平安時代後期

伊勢平氏の発展と保元の乱

伊勢平氏の発展 桓武平氏と伊勢平氏の関係性 平忠常の乱よりあとのこと 源氏に立場は取って代わられてしまい 桓武平氏一族は散り散りになってしまいました。 関東に残った桓武平氏の中には、 源氏の家人となるものもいたそうです。 ...
スポンサーリンク